Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

INTERVIEW

prof-tamayasan

からくり人形師/Karakuri Doll Master Craftsman

#015 Karakuri Doll Master Craftsman:九代目・玉屋 庄兵衛さん / Tamaya Shobe the 9th

2013.02.26 [INTERVIEW,INTERVIEW LIST,WHAT'S NEW,からくり人形師・九代目 玉屋 庄兵衛 / Karakuri Doll Master Craftsman, Tamaya Shobe the 9th.]

1954年、愛知県生まれ。
七代目・玉屋庄兵衛の家に生まれ、八代目・玉屋庄兵衛を兄に持つ。
25歳のとき、七代目に弟子入り。1995年、九代目・玉屋庄兵衛を襲名。
江戸末期に田中久重が製作した「弓曵童子」の完全復元や江戸からくりの
代表作「茶運人形」の製作など、からくり人形の製作、復元、修復などを
多数行っている。「茶運人形」は、東京上野の国立科学博物館のほか、
ロンドンの大英博物館にも寄贈されている。

Karakuri Doll Master Craftsman, Tamaya Shobe the 9th.

Born in Aichi Prefecture in 1954, Tamaya Shobe the 9th followed in the footsteps of his father, the 7th master, and his late older brother, the 8th. He became an apprentice in his father’s trade from the age of 25, later becoming the 9th Tamaya Shobe in 1995. Today he restores old dolls and re-creates dolls such as the Archery dolls first made by Tanaka Hisashige during the Edo period, and Tea Serving mechanical dolls, many of which are preserved in the Tokyo Ueno National Museum, and the British Museum in London.

 

 

初代・玉屋庄兵衛が、京都から名古屋へ移り住んだわけ
From Kyoto To Nagoya 

—(クリス・グレン)まずは、玉屋さんの歴史を教えてください。
   (CHRIS GLENN) First, please tell us about your family’s history.

 

享保17年(1733年)、京都で人形師をしていた庄兵衛が、尾張名古屋の
玉屋町に移り住んでから「玉屋庄兵衛」と名乗るようになりました。
それが初代・玉屋庄兵衛です。 からくり人形というのは平安時代から
あったようですが、1650年代、竹田近江(たけだおうみ)という人形師が
大阪の道頓堀で、からくり人形の一座を 旗揚げし、京都、尾張、江戸、
そして全国で巡業したことで大衆に広まりました。庄兵衛も竹田系の人形師
からの枝分かれです。

 

In 1733 a Kyoto based doll maker named Shobe moved to the Owari,
Nagoya districts Tamaya town, and took the name Tamaya Shobe.
He was the first Tamaya Shobe, so that’s where we started. Karakuri,
or mechanical dolls had been around since the Heian Period (794-1185)
however in the 1650’s, doll craftsman Takeda Oumi made a series of mechanical dolls which he displayed at shows held in Osaka’s Dotenbori
district. These dolls became very popular and later toured Kyoto,
Owari (the old name for Nagoya and Aichi Prefecture) Edo,
and across the country. Tamaya Shobe branched off from that Takeda
line of puppeteers.

 

 

—庄兵衛さんは、なぜ尾張に来たんですか?
   Why did the first Shobe come to Nagoya from Kyoto?

 

将軍が徳川吉宗だった時代、江戸では「質素倹約」が徹底されていて 職人たちの仕事も、どんどん
なくなっていったんですね。そんな江戸 とは逆に「もっと派手にやれ」「客が集まれば、お金も落ちる」と
祭りや芸事などの娯楽を推奨していたのが、尾張の殿様・徳川宗春。 尾張には「お金もある」「仕事もある」
ということで、全国の職人たちが尾張に 集ってきたのが、初代・玉屋 庄兵衛が京都から尾張へ来た、ちょうど
その時代でした。

 

 

The Shogun Tokugawa Yoshimune extolled the virtues of a simple, less extravagant life and demanded
the people of Edo practice frugality, and so in Edo, the need for quality craftsmen was drastically reduced.
Contrary to Edo, the Lord of Owari, Tokugawa Muneharu promoted festivals and the traditional arts and entertainments in the belief that this was good for the economy. This brought many craftsmen to Owari.
It was the times that necessitated the move.

 

 

九代目を継ぐきっかけは、1970年の大阪万博
1970 Osaka EXPO Revives Interest 

—なるほど。愛知県に「からくり人形」が多いのも、そういったとこに理由がありそうですね。
   ところで、庄兵衛さんは子供の頃から跡を継ぐ予定だったんですか?
   I see, so that’s the reason Aichi Prefecture’s Karakuri culture thrived.
   So, did you intend to become a craftsman in your childhood days?

 

全然、そんな気はなかったですよ。父が七代目として、からくり人形師をして
いた昭和から戦後の時代は修理などの仕事を細々とやっているだけでしたし、
私は三男でしたから跡を継ぐなんということは考えていませんでした。それが
1970年の大阪万博のときに、私の父であり、七代目の製作した「茶運び人形」
がサントリーのロボット館に展示されたのをきっかけに「愛知にからくり人形師
がいたんだ」ということが話題になって、京都や岐阜からも復元・修復の依頼が
くるようになりました。それで、一人では大変だからということで私の兄(八代
目)が呼び戻され、さらにその2年後には、私も呼び戻されたんです。それが
24歳の時。手取り足取り教えてもらうなんていうことはなかったので、すべて
見て覚えました。

 

Not at all! Far from it! My father, the 7th Master had a hard time of it in the years after World War 2. He had a little work repairing the dolls, so, I’ve been lucky with my success. One of my father’s dolls, a Tea Serving Doll was displayed in the Suntory Robot Pavilion at the 1970 Osaka EXPO, which sparked a renewed interest in Karakuri dolls. People realized there was a karakuri craftsman living in Aichi Prefecture, and requests started coming in from Kyoto and Gifu for restoration and repair work. He became so busy, he called on my brother, the 8th Master and two years later, on me to assist. I was about 24 then, He didn’t teach us step by step, so we learned by watching.

 

>>CONTINUE

 

1  2  3  4

 

 

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG