Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

INTERVIEW

prof

能楽師・和泉流狂言方 

#003_Noh, Kyogen master actor; Nomura Matasaburo XIV/ 能楽師:十四世・野村又三郎さん_04

2012.07.23 [INTERVIEW,能楽師・和泉流狂言方  十四世・野村又三郎]

能楽師・和泉流狂言方 
十四世・野村又三郎

1971年、名古屋市生まれ。1976年に初舞台。
2011年、十四世・野村又三郎を襲名。
皇太子殿下・雅子妃殿下の【御成婚奉祝能】への参加やハリウッド映画
「ラスト・サムライ」のニュージーランドでの撮影に参加(劇中劇の構成
演出・台本作成・演技指導などを担当)など、活動は多岐に渡る。
公演および幅広い世代への普及活動や指導にも力を注いでいる。

WEBサイト:http://kyogen.net/index.php

「ユネスコの無形文化遺産、第一号」であることを誇りに思っています

What are foreign reactions to Kyogen?
    外国人の反応は、どうですか? 


Japanese and foreigners have a different sense of timing. Japanese wait for the point to come,
then think “That’s what I thought would happen,” and laugh. Westerners seem to see ahead,
and laugh earlier in anticipation of what will happen.

 

日本の人と外国の人って、笑うタイミングが違いますよね。
日本人は、笑いのポイントにきたときに「やっぱりね」って笑うけど、外国の人は、先を読んで笑うから
タイミングが早い(笑)そんな違いはありますね。

 

In 2001, UNESCO certified Noh and Kyogen as a first class Intangible Cultural Heritage art form.
I feel pride in the fact this Japanese art is now appreciated by the world, and hope other Japanese
can feel as proud. However most Japanese know little of this cultural art form. A lot of Japanese
haven’t even seen Noh, yet they travel the world to study, and go out into the world of business,
but know nothing of their own culture. I can’t explain it, I just feel so sad.

 

世界的なことで言うと「能楽(能と狂言)」は、2001年にユネスコの無形文化遺産の第一号として
認定されています。私たち自身とても誇りに思っていますが、日本人としても誇りを持って
いいことだと思うんですね。

 

でも、日本の人たちは、能楽が無形文化遺産だということをほとんどの人が知らない。
そして、能楽を観たことのない人が多い。海外旅行でも、留学でも、ビジネスでも、世界に出ていった時に、
自国の文化を何も知らない、説明できないというのは、あまりに悲しいことだと思いますね。

 

 

I feel exactly the same way! Japanese people really need to have more pride in their
 culture and heritage. What sort of people do you see at your Kyogen performances?


   僕も、まったく同感です。
   もう少し、日本の人たちは、自分の国の文化に誇りを持ってもいいと思います。
   狂言を見に来るお客さんは、どういう人が多いですか?

 

If we have, say, five to ten Kyogen performers, then their apprentices fill the auditorium. Years ago,
it was all apprentices. Nowdays, as numbers of apprentices decrease, we see over 80% of the seats
taken by the general public. There was a wave of popularity in Kyogen not too long ago, attracting
a younger audience, however it remains a minor genre.

 

 

楽屋に出演者が10人いて、それぞれ10人、20人のアマチュアの弟子を持っていて、そのお弟子さんたちが
5人10人連れてきて、それで客席は満席。だから昔は、お弟子さんや顔見知りばかりでしたね。今は、
そのお弟子さんもだんだん減ってきたこともあって、最近は8割以上が、一般のお客様になりました。
狂言のブームもありましたから、若いお客様も増えましたけど、それでもやっぱり、まだまだマイナーな
ジャンルですね。

 

 

 

狂言の「水先案内人」として、狂言を普及していきたい

—There’s a Kyogen appreciation group isn’t there?
   「まいまい狂言会」という会をされていますよね?  

 

Yes, its a chance to experience Kyogen, we’ve held five such annual
gatherings. It’s a chance to see and workshop Kyogen. We see half the participants being repeaters, and half new faces. Not all are into
Kyogen, recently we see a lot of parents wanting their children to
experience something, to broaden their minds. Others just come to
say they’ve seen Kyogen,..OK, done, seen that, cross it off the
checklist..next I really want people to not just see but truly feel the
art.

 

子連れで「狂言」を観にきてもらえる会をやっています。監修という立場で、
お手伝いしています。今年で5回目です。狂言も観ていただきますし、
ワークショップもやります。毎回、半分がリピーター、半分ニューフェイス
という感じですね。全員が「狂言」にはまってくれるとは思っていません
けど、最近の若いママさんは、子供たちに「広く浅く」経験させたいと
思っている方も多いようで「狂言は一度観たから、もうクリア」という方が
多いのも事実。軽〜い気持ちで観にきた方、そういう方々を振り向かせたい
という気持ちは、どこかにありますね。

 

 

What is your dream from here on in?
    これからの夢は、何ですか? 

 

In the near future for me, my students and their families, I’d like to see Kyogen prosper and grow into
something bigger. Mostly, I want I want to guide people through the roles and help restore Kyogen to
popularity again. It’d be nice if one day people could say, “Kyogen Of course I know Kyogen, of course
I’ve been to see it!”

 

近いところで言えば、自分、親子、一門の繁栄・発展というところになるんでしょうけれども、それだけではなくて、
もっと大きな枠で考えたいですよね。やはり一番は、狂言の普及。基(もとい)、礎(いしずえ)、源(みなもと)
としての役割、そして「狂言」の間口を広げる「水先案内人」になれたらいいなと思いますね。
「狂言、もちろん知ってるよ」「狂言、もちろん観たことあるよ」そんな風になったらいいですね。

 

 

>>INTERVIEW TOP

 

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG