Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

INTERVIEW

prof1

美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 

#004 Mino Kabuki Museum, Aioiza, Curator; Oguri Sachie / 美濃歌舞伎博物館「相生座」館長・小栗幸江さん_01

2012.07.30 [INTERVIEW,INTERVIEW LIST,美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 小栗幸江さん]

美濃歌舞伎博物館・相生座(あいおいざ)館長。
1971年より、父と地歌舞伎復興に携わる。
二つの芝居小屋を移設・合体した美濃歌舞伎博物館「相生座」を活用し
美濃の地歌舞伎を保存し、継承する活動をおこなっている。
子どものための地歌舞伎伝承教室代表。
相生座 http://www.nakasendou.jp/aioiza/

Mino Kabuki Museum, Aioiza, Curator

 

Involved in the reconstruction of rural Kabuki with her father since 1971.By utilizing and preserving parts
from two condemned and abandoned Kabuki playhouses, she created the Mino Kabuki Museum.
Dedicated to reviving and restoring Children’s Kabuki classes and courses.

 

 

Edo Period Kabuki, on an Edo Period stage
江戸時代の舞台で、江戸時代の人たちが好んだ「歌舞伎」を継承する 

—Chris Glenn; 
    Your Aioiza theater is most impressive, it has character!

  「相生座」いい小屋ですね!味がある… 

 

Aioiza was originally built in Gifu Prefectures’famed hot spring resort town of Gero in 1895. My father heard
that the theater was to be scrapped, and so he asked to have it. The seating area was still in good condition,
but unfortunately, the stage area had badly deteriorated over the years of neglect and couldn’t be saved.
We were wondering what could be done when we heard that the Tokiwaza Theater in Akechi, Gifu Prefecture
was also going to be demolished. The Tokiwaza Theater is even older, being an Edo Period (1603-1867)
playhouse, and when we saw it, the stage area was still in reasonable condition. That being the case, we amalgamated the two old buildings, the seating area from one, and the stage from the other rebuilding the
theater in its current location in 1976.

 

 

「相生座」は、もともと、明治28年に岐阜県下呂町(現在の下呂市)に建てられた小屋なんです。それを処分
してしまうという話があり、私の父が譲り受けました。でも残念ながら、相生座の舞台部分は腐ってしまっていて
使えなかったんです。で、「どうしようか…」と考えていた頃、岐阜県明智町にある「常盤座(ときわざ)」を
処分するという話を聞きました。「常盤座」は江戸時代の小屋なんですけど、見に行ってみたら舞台部分がちゃんと
残っていた。そこで、相生座の客席と常盤座の舞台を一緒にして、昭和51年現在のこの場所で「相生座」をスタート
させました。だから、この「相生座」の舞台は、江戸時代のものなんですよ。

        

 

 

It really has a nice atmosphere.
   この独特の空気感がいいですよね。

 

The area around Aioiza has been preserved as a museum for the
display of Kabuki costumes, props and accessories. Other local
theaters have been feeling the pinch or are at risk of closing down,
but here, people are always coming and going.

 

「相生座」は、客席の周りを展示スペースにして、歌舞伎の衣装や
小道具を見ていただけるように、普段は博物館として公開しています。
ほかの小屋は、芝居をする時以外は締めてしまっているので、どうしても
老朽化が進んできてしまうけれど、「相生座」の場合は、常にみなさんに
出たり入ったりしてもらっているので、芝居をやっていない時でも空気が
通っているんですね。 

 

 

 

What is the difference between Rural or Local Kabuki and Grand Kabuki?
   「地歌舞伎」と「歌舞伎」って、どう違うんですか?

 

Grand Kabuki, or just Kabuki, is played by professionals, while rural Kabuki is staged and performed
by locals. Basically, it is amateur Kabuki. In the Edo Period (1603-1867) Kabuki was entertainment.
Just simple entertainment. The story and prices often changed. In the Meiji period (1868-1912)
Kabuki’s artistic element was recognized and appreciated, however until then it was seen as slightly
vulgar. Now it is a cultural heritage art. Like the people in the Edo Period, we are attempting to faithfully
reproduce a kabuki that used those old discriminatory terms and words. Our plays dare to use the old
terms no longer considered acceptable.

 

 

一般的に「歌舞伎」と呼ばれている「大歌舞伎」は、プロが演じるもの。「地歌舞伎」は、地元、地域に
住んでいる人がやるもの。役者は、アマチュアです。江戸時代の歌舞伎は娯楽だったので、くだらないこと
をやったり、宙乗りや早変わりなんかもやったり、いろんなことをやったんですが、明治に入って歌舞伎は
「芸術的」な要素が重んじられるようになって、今までやっていた「美しくないもの」などをそぎ落とした。
それが、現在の歌舞伎の姿です。私達がやっている地歌舞伎は、江戸時代の人たちが好んだ「歌舞伎」という
ものを忠実に再現しようということで、現在では「差別用語」と言われるような言葉もあえて、そのまま使って
芝居をしています。

 

 

In Grand Kabuki, only men are allowed on the stage. The men play women’s roles too,
    what about in Rural Kabuki?


    大歌舞伎は、男性しか舞台に上がることができませんが地歌舞伎は、どうですか?

 

These days men are busy with their jobs, and Rural (local) Kabuki is performed by people in the region,
and as there aren’t too many participants, its open to women as well. We’re seeing more women on stage nowadays.

 

地歌舞伎は、地域の人たちが寄り集まってやろうという芝居ですから、女性も出ますよ。最近はやはり、
男性はお仕事が忙しいという理由もあるのか、女性が舞台に上がるケースも多くなってきていますね。

 

 

 

>>CONTINUE

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG