Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

INTERVIEW

prof1

美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 

#004 Mino Kabuki Museum, Aioiza, Curator; Oguri Sachie / 美濃歌舞伎博物館「相生座」館長・小栗幸江さん_03

2012.07.30 [INTERVIEW,美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 小栗幸江さん]

美濃歌舞伎博物館・相生座(あいおいざ)館長。
1971年より、父と地歌舞伎復興に携わる。
二つの芝居小屋を移設・合体した美濃歌舞伎博物館「相生座」を活用し
美濃の地歌舞伎を保存し、継承する活動をおこなっている。
子どものための地歌舞伎伝承教室代表。
相生座 http://www.nakasendou.jp/aioiza/

Enjoying the passion for preserving Rural Kabuki
「地歌舞伎を残そう」と、楽しみながらも、一生懸命取り組んでいます 

For amateurs, there seems to be a lot of passion amongst your members.
    アマチュアとはいえ、みなさん情熱があるんですね! 


There is a great deal of passion, almost desperation! (laughs) With Aioiza and the Kabuki Preservation
Society, they don’t just gather to put on a play, we come together to preserve a tradition. We may
not be the best group, but we all try hard, and it makes for interesting Kabuki. Often during performances,
an actor may try too hard, but forget their lines and fail. Then from the audience a voice will call out,
“Hey, what’s wrong” and then prompt the actors’ next line. The audience can participate and enjoy
watching their neighbors on the stage.That’s one of  the many great aspects of local Kabuki. Even if
they’re not brilliant, watching everyone’s effort is most rewarding, and I’m always impressed.

 

 

 

情熱がある・・・というか、みんな必死です(笑)「相生座」の場合、芝居好きが集まっているわけではなく
「地歌舞伎を残そう」としている人たちが集まってやっている保存会ですから、演技が上手とは言えない
集団ですけど、みんな一生懸命やっているから、地歌舞伎って面白いんですよ。必死でやっているのに失敗も
するし、科白(せりふ)も忘れる。そんな時に観客から「おい!どうした!」「次の科白は、●●だぞ!」
という声が飛んでくる。お客さんも一緒になって参加できる、楽しめるというのも地歌舞伎のいいところです
よね。上手なだけでは、人々に感動は与えられないですけど、一生懸命やっている姿って、観ていても本当に
感動しますよ。

 

 

Preserving traditional Kabuki costumes and putting them to use. That’s my life work
江戸時代の地歌舞伎衣装も、大切に保存し活用する。これも私の使命です

You have quite an extensive Kabuki costume collection too I believe?
   「相生座」さんは、歌舞伎の衣装のコレクションも多いんですよね?

 

Yes, we do. We have many Edo Period pieces collected during
my father’s time, and in my time we received the Kakamigahara
Kabuki collection, making about 4,000 pieces in total, and we have
about 350 kabuki wigs. Three of our costumes have been
designated Cultural assets by the City of Mizunami. Great costumes
make our Kabuki look as grand as Grand Kabuki!

 

 そうですね。江戸時代から衣装屋さんをやっていた方から、父の代に
譲り受けた衣装と、私の代になって各務原市(岐阜県)にあった衣装屋
さんから譲り受けたものも合わせると、約4000点あります。かつらは、
約350です。その衣装のうち、3点は瑞浪市の文化財に指定されています。
大歌舞伎の現場に持っていっても劣らないような素晴らしい衣装ばかり
ですよ。

 

 

 

—-A couple of years back, you showed me one wonderful costume that weighed, what? 8 kilograms?
 

     以前、衣装を少しだけ着せていただいたことがありますけど、けっこう重いですよね? 8kgでしたっけ?

 

Yes, it’s quite heavy that one! I wore that for one performance with a special wig, it was all so heavy
I did damage to my cervical vertebrae. If you think about it, Kabuki is a physically challenging art,
perhaps better suited to men.

 

そう、けっこう重いんですよね。私も打掛を着て、かつらをつけて、かんざしを十何本もさして演じたことが
あるんですけど、頸椎を痛めてしまいました。そう考えると、歌舞伎って体力勝負なところもあるし、
男の仕事という気がしますね。

 

 

How many rural Kabuki groups remain active in Japan?
    地歌舞伎の団体は、今どれくらい残っているんですか?

 

 

There are quite a few, there’s 29 in Gifu Prefecture, that’s the most for any prefecture, and about
300 active groups across the country. Unfortunately, for all those groups, there is only one teacher
in Gifu.Two are in their 80’s, one in his 70’s and one in his 50’s. There are no apprentices or heirs
and so I’m concerned for the future.

 

岐阜県が一番多くて、29もあるんです。全国的に見ると300くらいでしょうか。岐阜県には、地歌舞伎を
教えてくださるお師匠さんもいらっしゃいます。80代の方2名、60代1名、50代1名といらっしゃいますが、
どなたも跡継ぎがまだいらっしゃらないので、途絶える前に、どうにかしなければ…と思っています。

 

 

 

There was no more Rural Kabuki after the war, until my father revived it
戦争から帰ったら、ふるさとの「地歌舞伎」がなくなっていた…
そこから生まれた父の想い 

Why did your father want to preserve local Kabuki?
    小栗さんのお父さんは、なぜ「地歌舞伎」を守ろうと思ったんですか?

 

When my father was young, he was involved in local kabuki,
and became a popular actor. Apparently my father’s mother,
my grandmother was also a famous actress, and so I’ve been
familiar with Kabuki since I was little. My father went away
to the war and spent some time in army camps just after the
war. While he was in the camp, he put on kabuki plays for the
entertainment of the other soldiers and the camps’ allied forces,
using palm leaves for wigs, sheets and basic props (laughs).
When he came back to Japan, he found that local Kabuki had
gone from the region. “This isn’t right!” he thought, and through
his company started the theater as a sideline.

 

父は、青年団の頃、地歌舞伎の人気俳優だったらしいんですね。そして、
父の母も地歌舞伎では有名な女優だったそうですから、子供のころから

馴染みがあったんでしょう。私の父は戦争に行き、終戦後は収容所にいた
時期がありました。シーツを衣装に、棕櫚の皮をカツラにして、レイテ島
の収容所で歌舞伎をやっていたらしいです(笑)で、日本に戻り、さらには
ふるさとに戻ってきた時に、この地域から地歌舞伎がなくなってしまって
いたんですね。「これはいけない…」ということで、会社としてこの事業に
取り組み始めたのが最初です。

 

 

 

>>CONTINUE

 

 

 

 

 



Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG