Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

CULTURE

Beaning The Devil / 節分

2014.02.01 [CULTURE,WHAT'S NEW]

Beaning The Devil  / 節分

鬼は外、福は内。
豆をまいて邪気を追い払い、年の数(数え年)だけ豆を食べ、一年の無病息災を願う、
古くから伝わる日本の行事だ。

“Out with the Demon, In with Good Luck!” Is the cry sent up across Japan as dried soy beans are then scattered about the house in an ancient ceremony known as Setsubun and performed in homes nationwide. Often the father dons a devils mask, and the children chase him about the house repelling him with beans to shrieks of laughter.

 

 

「節分」は元々、宮中で行なわれる行事の一つであり、立春、立夏、立秋、立冬それぞれの季節の節目の
前日に行なわれるものだった。平安時代の初期頃から行なわれていた鬼払いの儀式が、時代と共に変化し、
現在のようなスタイルへと変わっていく。室町時代あたりからは、春を迎えることが新しい年を迎える
という意味もあったことから立春の前の「節分」だけが、大切にされるようになり、今なお、一般庶民の
行事として残っている。

 

The Demon expulsion ritual was originally held by the Imperial Court to mark the first day of each season, summer, autumn, winter and spring since the Heian Period. Over the years, the way of celebrating changed with the times, becoming a way of the common people to greet the oncoming of spring from the Muromachi Period.

 

Out with the Demon, In with Good Luck! / 福は内!鬼は外!

「節分」でまく豆は、炒った大豆である必要がある。生の大豆ではなく、必ず炒ってあることが重要な

ポイントだ。これは、拾い忘れた大豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからだ。また豆を撒く理由としては、
「魔目」を「射る」=「魔滅(悪いものを滅ぼす)」と意味や鬼に豆をぶつけることで、邪気を追い払い、
一年の無病息災を願うという意味があるとされている。年の数だけ豆を食べるのが一般的だが、地域によっては
自分の年の数より一つ多く食べるところもある。

 

Only roasted soybeans are used for Setsubun, and never raw soybeans, as raw soybeans would sprout, allowing bad luck to take root. It is also said that being struck by the hardened beans helps drive the demons out for the remainder of the year! Beans are also thrown towards doorways and open windows to ensure the bad luck never returns. With the demons banished, the family is safe for another year.

Once the beans have been thrown about the house to drive away misfortune, each member of the household is supposed to collect and eat a bean for each year of their life.

 

 

 

「鬼は外!」窓を開けて外へ向かって豆をまき、「福は内!」鬼が戻らないように窓を閉めて部屋の中で
豆をまく。部屋の奥から順番に玄関までまいて、家の中から鬼を追い出せば、1年間、家族が健康に過ごす
ことができる。各地のお寺などでも節分の豆まきが行なわれ、大勢の人で賑わうなど「節分」は、
今なお、日本人にとって大切な行事となっている。 

 

The Setsubun ritual is also carried out annually at major temples, where thousands of people gather to catch the beans usually thrown by town officials and celebrities. Even today in modern Japan, the ancient Setsubun traditions continue to be a part of everyday life.

 

 

【Japan World Links】

The Make-A-Wish Sushi Roll / 恵方巻


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG