Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

HISTORY

The 47 RONIN STORY /忠臣蔵(元禄赤穂事件)

2012.12.15 [HISTORY,WHAT'S NEW]

Chushingura /忠臣蔵(元禄赤穂事件)

1702年12月14日。
大石内蔵助と赤穂浪士47名が、江戸にあった吉良上野介の屋敷に討ち入りを果たした日、
いわゆる元禄赤穂事件の日である。討ち入りの2年前に起こったのが、江戸城本丸御殿内で起こった
「松之廊下刃傷事件」。赤穂藩主、浅野内匠頭(=浅野 長矩(あさの ながのり))が吉良上野介
(=吉良 義央(きら よしひさ))に恨みを持ち、殿中で背後から斬りつけたとされる事件だ。
 

この事件が起きた理由は「接待の儀礼を吉良から教えてもらうはずだった浅野内匠頭が、吉良に対し
賄賂を渡さなかったために意地悪されたからだ」など、さまざまに言われているが、実際のところ真相は
今もわかってはいない。吉良を斬りつけた、浅野内匠頭は即日切腹。大名が、即日切腹というのは異例のことだ。

 

 

On the night of December 14, 1703, the legendary 47 Ronin led by Oishi Kuranosuke made their attack on the mansion of Lord Kira, taking his head in revenge for the death of their lord two years prior.

The story goes that Lord Kira was to instruct Lord Asano of Ako in the ways of court at Edo (Tokyo) but
expected a bribe in return. The proud Lord Asano refused to pay the bribe, and so he was publicly humiliated by Lord Kira, and drew his short sword within the confines of Edo Castle, a grave offense, and struck at Kira,
wounding him.

 

The lord was dead, and the clan abolished! / 殿は切腹。赤穂藩は、お家とりつぶし。

殿は切腹。赤穂藩は、お家とりつぶし。
浪人になった赤穂浪士は、殿の無念を果たすため、結束を固め、
仇討ちの機会を待つ。松の廊下事件から2年後の1702年12月15日
早朝。大内蔵之介を筆頭に、赤穂浪士は吉良邸への討ち入りを
果たす。憎き吉良上野介の首を取った赤穂四十七士は、殿、
浅野内匠頭の眠る泉岳寺へ。復讐を果たしたことを報告した後、
切腹を果たした。

 

For his actions, Asano was ordered to commit seppuku (ritual suicide) and his clan abolished. His men, who had been cast out because of this, reformed on the night of December 14, attacked Kira’s mansion, killing the old lord. Taking Kira’s head to the Sengakuji Temple and the grave of their master, the brave samurai then turned themselves into the authorities. For having upheld samurai honor, and seeking revenge for the death of their lord, despite causing a public nuisance, they were ordered to commit seppuku in the grounds of the Sengakuji Temple the following February where their graves stand to this day. 

 

 

 

 

The 47 RONIN STORY / 今なお人気の高い「忠臣蔵」のストーリー 

「松之廊下事件」「元禄赤穂事件」共に、実際に起きた出来事では
あるものの、殿のために仇討ちを果たし、切腹までとげた赤穂浪士は
ヒーローであり、浅野内匠頭に嫌がらせをし、結果、切腹にまでおいやった吉良上野介は悪役であるというような
歌舞伎、映画、ドラマで「忠臣蔵」として描かれているストーリーは、かなり脚色されているものと思われる。

 

 

Interestingly, despite the many Kabuki dramas, books, movies and TV shows surrounding the incident and popular belief, the instigator was not Lord Kira, who has unfairly been portrayed as the villain, but Lord Asano, who was known to be somewhat unstable and hot headed, even having slashed and killed his own retainers in times of anger. The vendetta is remembered every December 14, as the actual incident took place on the 14th day of the 12th month by the old Japanese calendar, or January 30 1703 by the modern calendar.

 

吉良上野介とゆかりの深い、愛知県吉良町では「吉良さん」として親しまれており、とても温和で、
礼儀正しい人だったと伝えられている。地元の名君「吉良さん」は、地元の人にとってはヒーローである。
歴史は見る立場によって変わる。だからこそ、面白い。

 

Lord Kira, it appears, was far from the villainous character we see in the movies. He was highly respected by the Shogun and governed his lands in Kira Cho, modern day Aichi Prefecture well. Well enough in fact, that to this day the locals still regard him as a victim of the ronin.

 

 

※ 1702年12月14日の表記は旧暦であり、現在の暦では1703年1月30日である。
  ドラマなどは、旧暦近くに放映されることが多いため「赤穂事件」は、12月14日と認識される場合が多い。


Related Article of this Post

Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG