Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

INTERVIEW

kuritasan8

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman / 木桶職人

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru / 木桶職人・栗田 実さん_02

2013.12.06 [INTERVIEW,Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru / 木桶職人・栗田 実さん]

1948年7月4日生まれ。
中学校在学中より木桶職人である父を手伝いはじめ、高校卒業後、
兄と共に家業の「名古屋木桶・栗田化粧樽製造所」に従事。
以来、桶づくり一筋に取り組み、全国有名百貨店での実演販売、
新商品開発を行うなど、木桶の普及活動にも力を注いでいる。
 

1999年、名古屋伝統産業協会表彰。2010年国土緑化推進機構より
桶職人・森の名手としても認定された。
異業種の協同組合
「愛知職人衆」も旗揚げするなど勢力的に活動を行っている。

 The Making of Quality Wood Containers…
桶をつくる前には、木のあく、木のクセ、木のよじれを取るんです

—Why do you only use wood from a riverbank?
   なぜ、川に木を並べておくんですか?

 

The wood is naturally subjected to wet and dry conditions and shows
good characteristics, it profiles well. But these days, you can’t get that mountain wood anymore. All the timber is processed before being
brought to the workshop. It gets exposed to the wind and rain for
6 months to a year first though. So, in other words, it gets to experience
the wet, dry, wet conditions it would in nature. We do this so that the
wood won’t warp, and the joins will always remain tight and won’t
separate when the customer uses it.

 

濡れたり、乾いたりを自然の中で繰り返すことで、木のあく、木のクセ、
木のよじれを取るんです。でも、今はそれができませんから、山から切り
倒してきた木を製材して加工して、その後、工房へ持ってきて、雨や風に
あてて半年〜1年寝かすことをします。つまり、濡れる、乾かす、濡れる、
乾かすを繰り返すことをする。それをやった上で製品にしないと、お客様の
ところへいってから、桶のつなぎあわせた部分が動いたりするようになって
しまうんですね。

 

 

—I see,… なるほど。

In the older days, wood carried by the Kiso and Horigawa rivers was used in this area for making
not only barrels, tubs and buckets, but wooden items such as tansu chest of drawers, geta clogs and
masu drinking vessels. There were so many different timber goods craftsmen in this region, particularly
barrel makers.

 

昔は、木曽川から堀川へ木材が運ばれてきたから、堀川界隈に「桶」「たんす」「下駄」「箱」などの
木製品の工業が栄えていました。桶づくり用の「かんな屋」さんなども、尾張にたくさんあったと
言われています。 

 

 

 

The Wonderful Aroma and Feel of Wood, and the Craftsmanship…
木の材質や香りなど木の特性を理解した桶づくりは、先人たちの知恵

So, wooden buckets and barrels,… wood products were a part of the local culture?
   There are many different types, but are they all made from
hinoki cypress?


   木桶をはじめとする「木製品」も名古屋の誇る文化の一つだったんですね。桶にも、いろいろな
   種類があると思いますが、やはり素材は
「ひのき」を使うことが多いんですか?

 

No, no, we use sawara cypress for containers where food and rice comes in contact directly with
the wood, and for bathroom use, hinoki cypress or koyamaki. The Japanese umbrella pine is for
pickle or vinegar barrels, or we use white cedar, so whatever works best. For example, hinoki
cypress has a wonderful aroma, but if I make an Ohitsu boiled-rice container, the taste of the rice
will be lost to the aroma of the wood. On the other hand, or cedar catches the scent and enhances
the sweetness of rice and helps makes it delicious!

 

 

いえいえ。ご飯とか食品を直接入れるものは木曽のさわら、風呂用品は、檜(ひのき)または高野槙(こうやまき)
漬け物とか酒樽には杉などという
風に用途に合わせて、木も使い分けています。たとえば檜は、とても良い香りが
しますよね?でも檜で「おひつ」を作ってご飯を入れると、木自体の香りが強すぎて、ごはんの味を損ねちゃうん
です。逆に、さわらや杉というのは、
その香りがごはんにうつると、それがまた米本来の甘さを引き立ててくれて
美味しく感じるんですよ。

 

 

—I see,..なるほど。

 

Also, saké drinking cups. Square, wooden saké cups made from hinoki have a marvelous scent right?
But leave some in the wooden cup overnight and try drinking it the next day. The hinoki smell is strong,
but the saké becomes bitter. However, saké kept in cedar barrels is downright mellow and very easy to
drink. Our ancestors were well aware of such things, and that’s the reason why they used these woods
to make things. Even now I’m impressed by that.

 

あとは、日本酒を飲む枡(ます)ね。檜(ひのき)の枡で日本酒を飲むと、みなさん「檜の香りがして美味しい」と
言うでしょ?でも、その枡に一晩入れたままにしておいて、次の日に飲んでみてください。檜の香りが苦みへと
変わるので、飲めたもんじゃないですよ。でも、杉の木でつくった樽(たる)に日本酒を入れて、次の日に飲むと、
杉の香りのついた日本酒はなんともまろやかで、とても美味しいんです。先人たちは、そういうことにちゃんと気づいて、
ものづくりをしている。ちゃんと、そこには理由がある。そういうところに感動しますね。

 

>>CONTINUE

 

 

1          2          3          4

 

 

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG