Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

INTERVIEW

horibesan1

Nagoya Yuzen, Traditional Artisan / 名古屋友禅(手描き)伝統工芸師

Nagoya Yuzen, Traditional Artisan / 名古屋友禅伝統工芸士 堀部 満久さん_05

2013.09.01 [INTERVIEW,Nagoya Yuzen, hand drawn Traditional Artisan / 名古屋友禅 堀部 満久さん]

名古屋友禅(手描き)伝統工芸士 堀部 満久
1947年、名古屋生まれ。
1986年 染色法特許取得。1994年、伝統工芸士に認定。
1997年 名古屋市友禅工芸協同組合理事長に就任。
2003年 全国小紋友禅染色協議会では、中小企業庁長間賞を
受賞するなど、そのほか受賞歴多数。
名古屋市友禅黒紋付協同組合連合会理事。
名古屋友禅工芸協同組合理事長。

The Future of Nagoya Yuzen
名古屋友禅の未来…

—What about the future of Nagoya Yuzen?
    名古屋友禅の未来は、どうですか?

 

There is no future! (laughs!) No, not really zero, but I’m looking forward to the challenge.
It’s really not very interesting taking part in demonstrations and showcase exhibitions in Tokyo’s 
trendyAoyama districts, hoping that someone will like what you have brought, and will buy something.

 

未来はゼロです(笑)と言っても、ゼロではいけないので、個人的には前向きに頑張ってます。東京・青山で
作品展をやったり、展示するだけでは面白くないので実演もします。実演を見ていただきながら、展示もして、
気に入っていただければ買っていただくという感じです。

 

 

—What do you think should be done to protect Japan’s culture
                     and Nagoya Yuzen dying techniques?


    名古屋友禅をはじめとした日本の素晴らしい伝統文化を守るためには、
どうすれば良いですか?

 

First we have to try our best to make products, and then raise awareness of our art. The general
public isn’t aware of the detailed work, design, drawing, creating that goes into our work. Not now
that printed fabrics are easily made, anyway. That’s why I opened a Nagoya Yuzen school, so more
people can learn about the arts.  I think that if people start wearing kimono again when they go out
for dinner, or drinking tea, the opportunity to preserve the arts will increase. If you have an old,
dirty kimono, please bring it along, we can provide advice on repairs too. If you try to achieve
something, you will not end up at zero. I want people to know about the tradition, just one, or many,
I want people to know.

 

 

まずは、私たちが一生懸命つくること。そして、知ってもらうことですね。一般の人は、こうして1点1点、
図案をおこして描いていること、つくっていることも知らないでしょう。今は、簡単にプリントできてしまうし…。
だから、こうしたことを知ってもらうためにも、教室をひらいて、名古屋友禅を知ってもらう活動もしています。
着物を着て、食事に行ったり、お茶を飲みにいったり、お出かけしていただく。それによって、だんだん着物を
好きになっていただく。そんな機会も増えるといいなぁ…と思いますね。汚れている着物があったら、ぜひ
持ってきてください。汚れている部分の修復もしますし、それ以外にも着物についてのアドバイスもしますよ。
何かやればゼロじゃないから、一つでも何かを知ってもらうこと、そして一人でも多くの人に伝えることを
これからもしていきたいと思っています。

 

 

Dreams of a Yuzen Center to Preserve The Arts
職人さんのため、伝統工芸を守るための「友禅会館」を作りたい… 

—Horibe San, what is your dream?
    堀部さんのこれからの夢は何ですか?

 

I want to build a Nagoya Yuzen Dyeing Center. How do I
explain this? Like a traditional crafts center, I guess.
Somewhere like my small workshop, where people can
watch and learn various crafts, for example, one day might
be Yuzen, the next day might be Buddhist Altars, other days
might be folding fans. Various traditional craftsmen can be
made accessible. It could be done in a big city like Nagoya!
If it is an impossible dream, then I’ll turn my workshop into
a Traditional Arts Center! (laughs) Despite having the skills
and abilities, if I can’t make a living from my art, then I am
simply playing. That’s unfortunate isn’t it? With a place like
a Traditional Arts Center, you could see the work of the
craftsmen, and keep their skills alive.

 

 

できれば名古屋に「友禅会館」をつくって欲しいですね。それが
難しかったら「職人会館」でもいいかな。私のところのような
小さな工房に見学をしにこなくても、ある日は友禅、ある日は仏壇
ある日は扇子という風に、あらゆる職人さんの仕事が見られるよう
な場所があったらいいなと思いますね。「名古屋みたいな大都市に
なぜ、ないの?」と思います。もし、この夢が無理なら、私の工房
を「友禅会館」にしちゃおうかな…と思っています(笑)技術が
あっても仕事がないから廃業してしまう。腕はあるのに、仕事がない
から遊んでいる。もったいないでしょ?「職人会館」のような場所が
あれば、いろんな人に見てもらえるし、職人さんも、その技も生きますよね。

 

 

—I feel the same way. These traditional skills and culture must be preserved and promoted,
    and the craftsmen supported. I hope you continue to create many more beautiful works.

 

    僕も、まったく同感です!日本の伝統文化は本当に素晴らしいですから、もっともっと、みんなで盛り上げて
    守っていける環境が必要だと思います。
これからも応援しています。すばらしい作品を作り続けてください。

 

>>INTERVIEW TOP

 

 

            

 

  

インタビュア: クリス・グレン(Japan World 編集長)
オーストラリア・アデレード市生まれ。名古屋市在住。
日本の歴史、文化、伝統への造詣が深く、ラジオDJ、タレントとして
活動する傍ら、日本の歴史、文化を国内外に伝える活動を行なっている。
趣味は、城廻り、戦国の歴史研究、甲冑武具の研究、古武道など。
剣道初段。日本甲冑武具研究保存会会員。

 

Interviewer:Chris Glenn
Born in Adelaide, South Australia, now living in Nagoya, Japan.
Radio DJ / TV presenter active in preserving and promoting Japanese history,
culture and traditions. A member of the Japan Armour and weapons Research
and Preservation Society, currently studying Owari Yagyu Shinkage Ryu and
Enmei Ryu swordsmanship, Kendo 1st blackbelt, other hobbies include
visiting castles, collecting samurai armour, Sengoku (Warring States)
period history.


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG