Warning: array_merge(): Argument #2 is not an array in /home/bricksuk2/www/japanworld/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 44

CULTURE

SHAMISEN / 三味線

2013.12.06 [CULTURE,DISCOVERY,WHAT'S NEW]

SHAMISEN / 三味線

One of the iconic, musical sounds of Japan, and often heard accompanying Kabuki performances,
Bunraku plays and Joruri recitals, is the banjo-like three-stringed instrument, the shamisen.
Among Japanese musical instruments, the shamisen has a short history. The Chinese sangen was
introduced to Japan via the Okinawan Islands in the 14th century, and the popularity of the three
stringed instrument spread to Japan’s mainland towards the end of the Muromachi period.
The Shamisen underwent a major change during the Edo period, when it was developed for use in
various cultural activities. One of the oldest surviving shamisen dates back to 1597, and was made
especially for Toyotomi Hideyoshi’s favorite concubine, Yodogimi.
 

 

華やかでもあり、きらびやかでもあり、それでいてどこか渋さもあり、その独特の音で浄瑠璃や歌舞伎などの
舞台に華を添える弦楽器、三味線。14世紀末、中国の弦楽器、三弦(サンチェン)が沖縄へと伝わり、三線
(さんしん)という楽器を生み出した。さらにそれが室町時代の終わり頃に日本本土へと伝わり、琵琶法師たち
によって改良され、桃山時代に三味線が生まれたとされている。和楽器の中では比較的、歴史の浅い楽器だ。

 

三味線は、その後、さまざまな文化を生み出し発展しながら、江戸時代以降、庶民にも普及し、江戸文化を
大いに盛り上げた。現在残る最古の三味線は、1597年
(慶長2年)に、豊臣秀吉が自身の側室・淀殿のために
作らせたもの。
こんなエピソードからも、三味線という楽器の価値の高さがうかがえる。

 

The Shamisen consists of two main parts, the long thin Sao, or neck, and the squarish wooden Do,
or body, covered in the skin of a cat or a dog, or in the case of Okinawan Shamisen, snake skin.
Cat skin provides the best quality sound, but is expensive, while some 7% are said to be made from
dog skin. The strings are either glue-hardened silk, or more recently nylon or even Dacron.
The plectrum, or Bachi, was made from ivory or tortoiseshell, with buffalo horn and even plastics used
in modern pieces.

 


 

三味線は「天神」「棹(さお=ネック)」「胴=ボディ」で構成されている。弦は三本。絹糸をよって糊で固めた
もののほか、津軽三味線などでは、ナイロン、テトロンの弦が使われることもある。その弦を弾く撥(ばち)は、
象牙やべっこう、水牛の角、プラスチックなど。そして、三味線の音を共鳴させる、あの四角い「胴=ボディ」に
使われているのは、猫や犬の皮だ。
三味線のルーツである三弦(サンチェン)、三線(さんしん)には蛇の皮が
使われていたのだが、日本の本土には蛇が少なかったため、猫や犬の皮が用いられるようになった。猫の皮は、
音質は良いが、とても高価なため、現在は
犬の皮が用いられる(全体の7割程度とも言われる)ことが多い。

 

 

The Shamisen is performed using a distinctive playing technique from a sitting position. The instrument is supported on the right knee, with the left hand holding the neck and manipulating the strings. A flared
plectrum called a Bachi is used to either strum, or pluck the taught strings to create a dynamic, or a gentle
sound. The sound and tone of the shamisen can change depending on the situation, be it for Joruri story
telling, folk songs, Nagauta long songs or even short ditties, making it a most versatile instrument.
Shamisen have been enjoying a revival amongst the younger generation in Japan and overseas, having
been used in jazz and rock performances as well as for traditional music.

 

 

三味線は、独特の奏法で演奏するのも特徴だ。正座した右ひざの上に胴を置き、
右腕で胴の部分をおさえるように
して楽器を支える。


 絃を撥(ばち)で弾(はじ)き、胴の部分を叩きながらダイナミックなサウンドを奏でることも
あれば、弦をつま弾いて(指で弾いて)優しい音色を出すこともある。浄瑠璃、民謡、長唄、小唄など、伴奏する
シチュエーションによって、見事なまでに
そのサウンドが変わるのも、三味線の魅力の一つ。日本の伝統的な音楽は
もちろん、最近では、三味線でジャズやロックなどが演奏されることもあり、
若い人々をはじめ、海外でも人気が高い。

 

 

 

Japan took a Chinese imported instrument, and through careful development, made it an original one.
The shamisen is one of the instruments that is said in many ways to have inspired and assisted the
development of Japan’s culture.

 

中国から伝わり、さまざまに改良され、日本固有の楽器へと進化をとげた和楽器、三味線。
日本の文化の発展にも大きな影響を与えた楽器だとも言える。

 

 


Related Article of this Post

Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG