BLOG

女流書家・山内美鳳の「楽書道」

山内 美鳳
山内 美鳳

6歳から芸術書道の道に入り、修行を重ねる。日本を代表する公募展「読売書法展」「日本書芸院展」他法務大臣賞等受賞歴多数。『基礎が無ければ創作無し』がコンセプであり、古典から創作まで幅広い書活動を展開している。2005年、New Yorkで開催された、世界を代表するブライダルデザイナー桂 由美氏の「Yumi Katsura 2006 Spring Collection in N.Y」においてウェディングドレスと書のコラボレーションを披露。国内のみならず海外からも注目される、女流書家である。

Renown throughout Japan and around the world, Yamauchi Bihou is
one of the nations most respected and creative Japanese Calligraphers.
Her original calligraphy works are much admired and her live performances are
in high demand.

WEBサイト: 書家・山内 美鳳 公式サイト

過去情報一覧

  • 電子書籍『関ヶ原』のタイトルを揮毫いたしました

    2013.06.17 [新着情報]
    こんにちは。山内 美鳳です。 日本は今、梅雨の季節。いかがお過ごしでしょうか。     今日は、私の作品をご紹介します。 Japan Worldのクリス・グレン編集長が出版される予定の電子書籍『関ヶ原』のタイトルを揮毫いたしました。 クリスさんのご要望である「黒と赤を使い、ドラマチックなイメージと強さ」を表現しました。       クリスさんの思い…

    view deatial

  • ■写経のお話〜実践〜

    2012.11.14 [新着情報]
    書家の山内美鳳です。 皆様いかがお過ごしですか?   今日は写経のお話 ?実践?です。 精神統一ができたあとは、いよいよ写経を行います。 お手本の上に写経用紙を重ね、お手本のとおりにお経をなぞっていきます。 一文字一文字に心をこめて、ゆっくりと丁寧に書き写していきます。 文字数は、最初と最後の題名を含めて276文字。 丁寧に書き写していきますと1時間あまりを要します。   出来…

    view deatial

  • 写経のお話 〜準備と精神統一〜

    2012.10.02 [新着情報]
    書家の山内美鳳です。 皆様いかがお過ごしですか? 今日は、写経のお話?〜準備と精神統一?〜 についてです。 写経をする際の心構えとして大切なのは,『写経をさせていただきます』という謙虚な気持ちです。 私が実行している方法を順を追ってご紹介しましょう。 ただし,この通りでなくても自分なりにできる範囲でかまいません。 1.『神聖な環境づくりで気分も高まる』 まず綺麗に手を洗い,口をすすいで身を清めます…

    view deatial

  • 写経のお話

    2012.09.03 [新着情報]
    書家の山内美鳳です。 皆様いかがお過ごしですか?   今日は写経のお話です。 写経とは,仏教の経典を書き写す(書写)こと,またはその書写された経典のことをいいます。 経典とは,お釈迦様(ゴータマ・シッダッタ)が説かれた教えを記録した仏教の聖典です。   ※写真(一部)は,私の母が書いた写経作品です。 日本では673年に始まったとされる写経は、その後、奈良時代(710年〜)に聖武…

    view deatial

  • 「書」と「美術」の融合

    2012.08.23 [新着情報]
    6歳から修行を積んできた私のレパートリーは、古典書道にとどまりません。 学生時代には、どっぷりと美術の実技や勉強を重ね、 書家として独立してからは「書」と「美術」の融合として、独自のアート性を表現した 作風『アート書』を発表しています。 毛筆で書く書(文字)の中に、自分の思いや表現したいことを自在に、自由に投影します。 その捉え方は,ご覧いただくそれぞれの方により違いがあるというのも醍醐味の一つで…

    view deatial

  • 日本の夏に゛粋゛に活躍する 『扇子』のお話 2 / Japan’s seasonal items, Sensu folding fans

    2012.08.02 [新着情報]
    書家の山内美鳳です。 前回のブログでは「日本の夏に゛粋゛に活躍する 『扇子』のお話」をさせていただきました。 今回は、その続きです。この写真の扇子は、私、山内 美鳳の作品なのですが 書だけではなく、扇子にもこだわっています。   実は、この扇子、伝統的な「名古屋扇子」というものなのです。 名古屋扇子の歴史は、18世紀にまで遡り「女性もの」と主としている「京扇子」に対し、「実用的」な「男物…

    view deatial

  • 日本の夏に゛粋゛に活躍する 『扇子』のお話 / Japan’s seasonal items, Sensu folding fans

    2012.07.25 [新着情報]
    書家の山内美鳳です。 皆様いかがお過ごしですか?日本は夏本番。 私のいる東京ではこの先約2週間,35度前後の厳しい暑さが続くとのことです。 日本では、移りゆく美しい春夏秋冬の四季の特徴を生かし、生活スタイルやお料理など 日常の様々な場面の中に上手に取り入れて「それぞれの季節の風情をプラス思考で楽しむ!」 という慣習が古くからあります。ということで、今回は、日本の夏に゛粋゛に活躍する 『扇子』のお話…

    view deatial

  • HI3H0509

    書の道具、文房四宝(ぶんぼうしほう)〜硯(すずり)について〜

    2012.07.19 [新着情報]
    書家の山内美鳳です。 今回は、『硯(すずり)』のお話です。   書の道具を文房四宝(ぶんぼうしほう) というのは、ご存知ですか? 文房四宝とは、『筆・硯・紙・墨』のことを さします。硯には大別して、中国産と国産 (日本)のものがあり、私は両国のものを 使っています。私が愛用している中国産の硯は 「端渓硯」国産は和歌山の「那智黒硯」(右写真) いずれも,実用的な使いやすさが選んだ第一の ポ…

    view deatial

  • 書家・山内美鳳です / Yamauchi Biho, Calligrapher

    2012.07.06 [新着情報]
    はじめまして。書家の山内美鳳です。 私は、6歳の頃より書の基本から修行を重ねてきました。 『基礎がなければ創作なし』をコンセプトに、基本の書から創作の書まで幅広く手掛けています。 日本の伝統文化である「書道」は、中国を起源とし、紀元前にまで遡る壮大な歴史があります。 この歴史が物語るように、一生をかけて追求し続けても足りないほど、楽しくもあり、 苦しいことの多い「書」の修行ですが,それは私の人生の…

    view deatial

Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More





Search 記事検索

Archive 過去の投稿

Category カテゴリー

Comments 最近のコメント

    株式会社電脳職人村

    EDITOR BLOG