BLOG

設楽原からのたより

湯浅 大司
湯浅 大司

長篠・設楽原の戦いの行われた地にある設楽原歴史資料館で学芸員をしながら、長篠・設楽原鉄砲隊の一員として、日本全国で火縄銃の演武にも参加しています。火縄銃を実際に演武して分かることがたくさんあります。文字からだけでは分からないことを、実体験や現地ならでは感性で資料館の展示や解説に生かしています。

WEBサイト: 新城市設楽原歴史資料館 Facebookページ

過去情報一覧

  • 長篠・設楽原の戦いにおける、長篠城

    甲斐国を発った武田勝頼15000人の兵を率いて長篠城を取り囲みます。 城を守る奥平軍はわずか500人。普通に考えれば、瞬く間にお城は武田軍によって 攻め落とされてしまうほどの兵力の違いです。武田軍にとっては取るに足らぬような 感覚だったのかもしれません。 しかし、城兵の士気も盛んで、また天然の要害に 守られた長篠城でした。武田軍は長篠城への攻撃を開始しますが、意外な堅城に びっくりしたのかもしれま…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い〜三河国への侵攻〜

    天正3年4月、武田勝頼は父信玄の葬儀を行います。 父信玄はその死に臨んで「3年間、死を隠すように」と 遺言していました。自らの死が武田家にとって、大きな影響を与えるということが予想されたの事での判断 でした。ちょうどその死から3年が経っていました。 葬儀が終わると勝頼は家臣を集め、三河国への侵攻を 告げます。 いよいよ武田軍が三河国への侵攻を始めます。 その数15000人。 この15000人という…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い〜奥平貞昌と長篠城〜

    久しぶりの寄稿です。 武田方から徳川方に寝返った奥平氏。 徳川家康はこの奥平家に更なる試練を与えます。 これは家康の婿としてふさわしい人物かどうかという試験だったのかもしれません。 奥平貞能の嫡男貞昌を長篠城の主として、長篠城を任せます。   この当時、長篠城は武田方の勢力と徳川方の勢力の境界に位置しており、非常に緊張した場所でした。 ここを任されるということは、徳川家康は奥平氏の力を信…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い〜大きな犠牲を払う〜

    奥平氏の行動に疑いを持った武田家は、奥平貞能と貞昌の父子を自陣に呼び寄せました。 武田信豊は彼らに対面し、いろいろと聞き出そうとします。 「奥平家は徳川に内通したという噂があるのに、ここへ来たことは神妙である」というと、奥平貞能は 少しも慌てず、「今は親が子を疑う時代。疑われるのは仕方ないことだ。 でも、私たちはそちらに人質を出している。少しも二心はありません。」と堂々とした態度で答えました。 &…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い〜奥平氏の決断〜

    信玄の死後、家康は奥平氏への働きかけを行います。 作手に拠点を置いていた奥平氏はここまで武田方についていましたが、信玄の死を知り、 このまま武田方に従うべきか、武田方を離れ徳川方に従うべきか、大きな決断を迫られていました。 このまま、武田方に従った場合、奥平家は武田軍においては三河衆の中核を担う家になったでしょうが、 武田軍の中核を担う家にはなれないでしょう。武田信玄が存命ならば、家を残すためには…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い〜戦い当時の奥三河の豪族たち〜

    戦国時代、奥三河には多くの豪族がその勢力を競っていました。 その中で、江戸時代に大名や旗本として残っていく家は作手から額田を治めていた奥平氏、 田峯を拠点に新城までその勢力下に治めていた菅沼氏、設楽原一帯を治めていた設楽氏などがあります。   (写真:田峯城) 奥三河は徳川家の支配下にあるべき地域ですが、徳川家の力が弱く、周囲の戦国大名から 徐々に侵攻を受けていました。まだ、徳川家康が松…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い!なぜ戦いが行われたのかー武田勝頼の立場から

    2012.09.06 [武田勝頼]
    前回まで連合軍の立場で長篠・設楽原の戦いに至った経緯を見てきましたので、 今回は武田軍の将、武田勝頼の立場から、この戦いの行われた原因をみていこうと思います。 まず、前提として、武田勝頼は決して暗愚な武将ではなかったという事を確認しておきたいと思います。 旧来、武田勝頼は武田信玄が盛り立てた武田家を信玄の死後わずか9年で滅亡させてしまったということで、 評価の大変低い人物でした。しかし、近年、信玄…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い!なぜ戦いが行われたのかー織田信長の立場から

    2012.08.30 [織田信長]
    今回は連合軍のもう1人の将である織田信長の立場から、この戦いの行われた原因をみていこうと思います。 天正3年当時、信長はすでに中部、近畿を支配下においていました。 しかし、その周囲には武田家、上杉家、毛利家といった戦国大名がおり、決して盤石なものでは ありませんでした。戦いに明け暮れる日々が続いていました。清洲同盟以降、信長と家康は良好な関係を 保っていましたが、この頃になると、その関係は 対等の…

    view deatial

  • 長篠・設楽原の戦い!なぜ、戦いが行なわれたかー徳川家康の立場から

    2012.08.22 [徳川家康]
    長篠・設楽原の戦いがあったころ、この戦いの主役となった、織田信長、 徳川家康、武田勝頼たちは、どのようなことを考えていたのでしょうか。 今回は、三河国(現在の愛知県東部)、遠江国(現在の静岡県西部)を治めていた 徳川家康の立場から見ていこうと思います。 当時、家康は浜松、吉田(現在の豊橋)、岡崎の3つの街にその拠点を置いていました。 浜松には家康本人が、岡崎には長男の信康、吉田には重臣の酒井忠次を…

    view deatial

  • 【長篠・設楽原の戦い】が、有名な理由

    はじめまして。湯浅 大司です。 第1回目ということで、私の勤務している設楽原歴史資料館で展示している 【長篠・設楽原の戦い】について、ご紹介をいたします。 【長篠・設楽原の戦い】は、天正3年(1575)5月に愛知県と静岡県の県境に近い 「長篠」と「設楽原」で行われた戦いです。この【長篠・設楽原の戦い】は、日本で最も有名な戦いの 一つでしょう。その理由をいくつかあげてみましょう。 まず、第1にあげら…

    view deatial

Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More





株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG