INTERVIEW

甲冑師 / Armor Craftsman

#001 Samurai Armor Craftsman;ATSUTA SHINDO/熱田伸道さん02

2012.07.09 [INTERVIEW,甲冑師 熱田伸道]

本名、小川 伸夫。1948年、東京都足立区生まれ。
日本でも数少ない甲冑師として、古甲冑の復元、修復、時代考証、
調査のほか、新作甲冑の製作もおこなっている。

一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会理事/東海甲冑師会 会長
日本甲冑武者隊 代表 / 荘内甲冑研究会特別講師
WEBサイト:http://www.j-armor.com/

 On Becoming a Samurai Armor Craftsman
 甲冑師になること

 
—-Did you face any adversity to becoming a Master Armor Craftsman?
     甲冑師になることに不安はなかったですか?
 

My teacher, Sato Sensei, told me to give up the idea, saying that
“These days you can’t make a living as an armor craftsman.”
But we had this wonderful culture, and so I believed I could make
a go of it. If I couldn’t make a living from being a craftsman, I’d
find other ways to earn money. I figured I could work eight hours
and support my family, spend eight hours enjoying crafting armor,
and have eight hours to rest and sleep. No wasted time and a good lifestyle. I figured it was possible to live this way. The plan worked,
and so today, I make my living as a craftsman restoring old armor,
and making samurai armor to order.

 

 

佐藤先生からも「甲冑師で生活ができるわけがない、やめておけ」
と言われましたけど、「こんなに素晴らしい文化なんだから、
これでごはんが食べられないわけがない」と信じていました。もし、
甲冑師だけで生活できないんだとしたら、別のことをして稼げばいいと。

8時間は普通に仕事をして家族を養って、8時間は自分の好きな甲冑
制作をやって、残りの8時間は休めばいい。これなら、どこにも無理は
ないでしょ?生活はできるし、好きなこともできるし、ちゃんと眠る
こともできる。こうして暮らしていけば、そのうちなんとかなるだろう
と思いました。そうこうしているうちに、修理をして欲しいとか、
甲冑を作ってほしいという依頼がくるようになり、今は「甲冑師」これ一本で生活しています。

 

 

 

Studying the differences in periods led to the path of professionalism
「時代考証」を徹底して学ぶことで、自分の進むべき道が見えました 

—-How many suits of armor have you repaired or produced over the years?
      今までに甲冑は、どれくらい修復や制作をしましたか?

 

 

I’ve restored over 20 sets, and made over 200 original and replica armors.
I recently completed restoring armor owned by the Sakai Clan’s second lord, Sakai Ietsugu,
and I’m currently re-building GeneralKato Kiyomasas armor that had been discovered and
excavated in Yamagata Prefecture.

修復は20領ほど、甲冑の復元や新作の甲冑は200領ほどつくりました。
酒井家二代家次公の甲冑も私の工房で修理をしましたし、現在も山形県から出土した
加藤清正公の甲冑の復元制作しています。 

 

 

 

—-What is the most difficult part of the samurai armor to make?
     甲冑師として、一番難しいのは、どんなところですか?

 

Technically, the Do, body armor is most difficult. Making the armor to fit the owner, taking their height,
bust, waist, sitting height and body type into consideration is quite a daunting task. Next would be
matching the correct period. As I mentioned earlier, after about seven or eight years study my teacher
stopped criticizing my work, instead, Sato Sensei would pull some armor and helmets from his back room
and ask, “So, what period do you think this is from, and why?” That was a wonderful way to study.
I really love the armor of the late Muromachi to the early Edo periods, (1550’s to 1620) the styles I studied
the most thoroughly.

 

技術的なところで言えば、胴かな。身長、胸囲、ウエスト、座高は、人それぞれみんな違いますから、
その体型に合わせて作るというのは、なかなか大変な作業です。あとは、やっぱり時代考証。さきほど、
7、8年で先生から文句を言われなくなったと言いましたけど、実はその後も、佐藤先生のところへ行くと、
先生が奥から兜や鎧を出してきて「これは、何時代のものだと思う?」と聞かれるわけ。そこからが、
また勉強ね。僕が室町末期から江戸初期の甲冑が好きだから、その時代のものは徹底的に勉強しました。
そのことで、自分の進むべき道が見えましたね。 

 

 

 

You like the period when the craftsmen and their products were at their peak, right?
     先生の好きな時代は、甲冑自体も、甲冑師の仕もピークの時代ですよね?

 

 

That’s right, that was the period the katchushi (armour craftsmen) were at the peak of their craft,
and armor for fighting was at its most developed stage. It was visually attractive, yet simple, and
highly functional, it was most wonderful armor.

 

そうですね。戦いのための防具として、一番発達し、一番完成した形の甲冑であると思います。
きらびやかではないけれど、合理的で機能性が高くシンプルで、素晴らしいものだと思いますよ。

 

 

 

—-The craftsmen of old divided their labor didn’t they?
      昔の甲冑師は、分業でしたよね?

 

That’s right. Metal workers, the threaders, …all the parts were handled by various specialists.
However I do all the stages on my own, from beginning to completion, cutting, shaping and beating
the metal plates, the lacquer work, threading the colored ties. From the prototype to the finished
item, I’m grateful I can do all the processes, however the disadvantage is that of production time.
I’d like to be able to produce armor more quickly, but I do manage to keep up with demand.


 

 

そうですね。鉄板をたたく人、糸をおどす人、全部べつべつ。分業の場合「鉄板を叩け」と言われたら、
ずっとそればっかりやらなくちゃいけない。でも、現在の甲冑師は、鉄板を叩いて形を作って、色を塗って、
糸をおどして完成させる。原型から組み立てるところまで、全部できますから非常にありがたいと思いますねぇ。
一つデメリットがあるとすれば、制作時間がかかること。もっと早く制作できれば、需要にも応えられるん
ですけどね。

 

 

>>CONTINUE

1  2    3

 

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG