INTERVIEW

甲冑師

#001 Samurai Armor Craftsman;ATSUTA SHINDO/熱田伸道さん03

2012.07.09 [INTERVIEW,甲冑師 熱田伸道]

本名、小川 伸夫。1948年、東京都足立区生まれ。
日本でも数少ない甲冑師として、古甲冑の復元、修復、時代考証、
調査のほか、新作甲冑の製作もおこなっている。

一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会理事/東海甲冑師会 会長
日本甲冑武者隊 代表 / 荘内甲冑研究会特別講師
WEBサイト:http://www.j-armor.com/

How long does it take for you to craft a set of samurai armor?
     甲冑を制作するのにどれくらいかかりますか?

On average, about a year to a year and a half.
復元となると、1年〜1年半くらいですね。  

 

—-Are they all steel?
     全部、鉄ですか? 
     

Recently, for armor to be worn in events and re-enactments,
I use aluminium. There are a few companies selling stamped
sheet metal armor for events, which isn’t a bad thing, I mean,
it’s contributed to making armor popular and they’ve penetrated
the market, however it’s not made to order and so the wearer
quickly becomes tired after wearing it for a day. It’s heavy and
doesn’t fit properly. A properly fitted suit of armor, although
heavy, is made for the individual, leaving it both highly functional,
easy and comfortable to wear for long periods of time.
The aluminium armor is strong but lightweight, I can craft it faster
than steel and it’s cheaper too. Some might think, “Aluminium,
that’s not right!” but by studying history, and the samurai General,
Oda Nobunaga’s idea of rationalism, conceptually, it’s not a bad idea.

 

イベント用の甲冑などは、甲冑を普及させるという意味で「アルミ」で
制作もします。いろいろな会社が鉄製の甲冑を販売していて、それを着て
イベントに出ている人もいますよね。それは、それでいいと思いますし
甲冑の普及には多いに貢献していると思います。

 

 

ただ、個人個人の体に合わせて作られているわけではないので、一日着ていると疲れちゃう。
重いし、体に合わないし…だから、当然ですよね。だったら、ある程度の重量感もあって、
個々の体にフィットして、機能性も高くて、一日中着ていても疲れない甲冑があってもいい
じゃないかと思ったわけです。

 

そして行きついたのが、アルミ製の甲冑。軽金属のアルミでも、きちんと叩き出すことで丈夫になるし、
鉄板より早く制作できる、そして安い。「鉄板にこだわらなくてもいいじゃないか」という発想が
できたのも、歴史を勉強して、織田信長の「合理主義」という考え方を勉強してきたからだと思いますね。

 

 

Preserving Japan’s traditions requires the truth, and a connection with the future.
日本の伝統を守るために「本物」を教え、次世代へとつなぐ 

—-How many samurai armor Master Craftsmen remain in Japan?
      甲冑師は、今、日本全国で何人くらいいますか? 

 

Nationally there’s only about ten of us left now. Locally there’s me, also Kiyosu Nobumasa, 
Mizuho Nobuyoshi, Gamagori Nobuaki, my three former apprentices, now professional craftsmen. 
I no longer accept apprentices into my armor workshop anymore.

 

I guess over the years I’ve had about 120 students from Aichi Prefecture alone.
By teaching these people, we’re encouraging and spreading the culture of samurai armor.

 

 

 

日本全国で10人前後といったところでしょうか。僕も、清須信正、瑞穂伸義、蒲郡伸明というプロの
甲冑師を三人育てました。僕が代表をつとめる東海甲冑師会が認定した甲冑師です。今は、自身の
甲冑工房での弟子育成はしておりませんが、地域の甲冑教室などでの指導を続けています。その生徒
さんの数でいうと、愛知県だけで120名以上いるかなぁ。甲冑文化を広め、地域に根付かせていきたい
という想いで指導しています。

 

 

—-Do you think that Japan’s traditions are being lost?
      日本の伝統が失われつつあると言われていますが、そのことについては? 

 

Years ago I told my teacher that I wanted to create a book on armor crafting for the people
of the future. He said, “ You suddenly came seeking me. No matter the age we live in, there
will always be people looking to preserve and inherit the culture. It will happen naturally, so
there is nothing to worry about.” I guess he was right, there are people who genuinely want
to learn, and so we need to pave the way for those few, and the next generation, and the
generations to follow.

 

 

僕は昔、先生に「未来の人たちのためにも、甲冑の指南書をつくりたい」と言ったことがあるんです。
そうしたら先生が「オマエも、こうして突如として現れたんだから、これから先、どの時代でも、
文化を継承してくれる人は自然と現れる。だから心配する必要はない」と。

 

たしかにそうなんですよね。僕らが「文化を継承しろ」なんて言わなくたって「やりたい」と思う人が
自然に出てくると思っています。ただ、そういう人たちのための道筋を作っておく必要はあるでしょうね。
次の代、そしてまた次の代へとつなげていくために、本物を教えたいという気持ちがありますね。

 

 

—-What is your dream?
     これからの夢は?  

 

I really don’t have a dream as such, (laughs) Samurai armor is part of the history and culture of Japan,
and there are many people around the world with an interest and appreciation of samurai armor.
I want to tell these people that this magnificent armor was created not in America, not in China,
but Japan! I’d really like to connect with people from all over the world with an interest in samurai
armor, and have a drink together! (laughs)

 

現実的に戦いをしているから、あんまり夢はないんだけど・・・(笑)日本の甲冑は、日本の素晴らしい
歴史と文化です。この日本の甲冑を素晴らしいと思う人は、世界中にたくさんいます。そういう人たち
に対して「これを生み出したのは、アメリカでもなく、中国でもなく、日本だよ!」と言いたい。
日本甲冑を愛する世界中の人たちとつながって、酒を酌み交わせたらいいですね(笑)

 

 

>>INTERVIEW TOP

1  2    3

 

 

 

インタビュア: クリス・グレン(Japan World 編集長)
オーストラリア・アデレード市生まれ。名古屋市在住。
日本の歴史、文化、伝統への造詣が深く、ラジオDJ、タレントとして
活動する傍ら、日本の歴史、文化を国内外に伝える活動を行なっている。
趣味は、城廻り、戦国の歴史研究、甲冑武具の研究、古武道など。
剣道初段。日本甲冑武具研究保存会会員。
Interviewer:Chris Glenn
Born in Adelaide, South Australia, now living in Nagoya, Japan.
Radio DJ / TV presenter active in preserving and promoting Japanese history,
culture and traditions. A member of the Japan Armour and weapons Research 
and Preservation Society, currently studying  Owari Yagyu Shinkage Ryu and
Enmei Ryu swordsmanship, Kendo 1st blackbelt, other hobbies include
visiting castles, collecting samurai armour, Sengoku (Warring States) 
period history.  


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG