INTERVIEW

Traditional Cormorant Fisherman / 宮内庁式部職鵜匠

#018 Traditional Ukai Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji /鵜匠・山下哲司_03

2013.07.15 [INTERVIEW,Traditional Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji / 鵜匠・山下哲司さん]

宮内庁式部職鵜匠 / 山下 哲司

昭和30年生まれ。岐阜県出身。昭和62年より宮内庁式部職鵜匠となる。
平成3年1月 アメリカオハイオ州シンシナティーにて鵜飼公演。
皇族が食される鮎を穫っておさめるという宮内庁式部職の鵜匠は、
日本で9名のみ。代々世襲制によって受け継がれ、伝統を守り続けている。
 
 

  The Usho’s Fashion / 鵜匠の衣装には、ちゃんと意味があるんです

—The Usho’s work clothes are quite unique aren’t they?
    鵜匠の衣装って、本当に独特ですよね?

 

Yes, on our heads we wear a folded cap called a Kazaori-eboshi. This protects our head from the
bonfire on the stern. It’s made from hemp cotton and wraps around the head like a cylinder.
Until the end of the Edo period, men wore their hair in a topknot, which would fit in the pointy bit.

 

頭にかぶっているのは、「風折烏帽子(かざおりえぼし)」。かがり火から頭を守るためのものです。
一枚の麻をグルッと頭に巻いて、円筒状にする。江戸時代まで男の人は「ちょんまげ」があったから、
この尖っている部分には「ちょんまげ」が、おさまるようになっているんですよ。

 

 

 

—That’s interesting,…and so you won’t get burned?
    へぇ!面白いですね。火がついても、燃えないんですか?

 

No, being wound around the head, and made from hemp, a hole may burn, but it won’t spread.

風折烏帽子は、麻で出来ているから、穴は開いても燃え広がらないね。

 

 

—And what’s that bib like piece around your neck?
    首からかけているのは?

 

This is called the Muneita, and this also prevents you from getting burned on the upper chest areas.
Because it’s hot, we sweat, and the sparks will stick to us and burn us (laughs) It also covers the gaps
in the front of our kimono.

 

 

「胸当(むねあて)」といって、これも「かがり火」の火の粉から首を守るためのもの。暑いと汗をかくから、
火の粉がピタッとくっついて、けっこう火傷するんだよね(笑)胸当は、着物の胸の部分がはだけてきた時に
服装の乱れをカバーするという役割もあります。

 

 

—The sleeve seems different from a normal kimono too,…
    袖は、普通の着物と違いますね?

 

Yes, this is a tighter sleeve than the baggy sleeves common with kimono as it’s easier to work in.
In the Edo period, the Usho wore normal kimono sleeves tied back with strings, so this is an improved
version. The lower part is still worn tucked up into the obi belt to make it easier to move around in,
and the Koshimino, straw skirt is worn over that to stop the kimono from getting wet.

 

 

 

今、僕らが着ている着物は、仕事がしやすいように「たもと」がない着物です。江戸時代の古い絵を
見ると「たすきがけ」で「たもと」をまくっていたみたいだから、それが改良された形なんだと思うね。
着物の丈は普通のものと同じ。でも、このままだと仕事がしにくいから、着物の裾を端折って動きやすく
して、さらに水に濡れないように「腰蓑(こしみの)」をつけます。

 

 

 In The Cormorant Fishing Off-Season / 冬の間に手作りします

—Is that koshimino hand made?
    腰蓑は手作りですか?

 

Yes, during the winter months we make them ourselves. Selecting the straw takes a little time,
and then it takes about three or four days to complete. I make about three of these skirts each year.

 

 

そうです。冬の間に自分で作ります。藁(わら)を選定するのには、時間がかかるけど、作ること自体は、
だいたい3〜4日で出来るかな。1年の仕事のために、3つくらい作ります。

 

 

—Your waraji straw sandals are different too.
    わらじも変わった形ですね? 

 

These are Ashinaka, they’re made the same way as traditional waraji, but only the front third
are woven. Often gravel and stuff gets into the waraji and makes it hard to walk. This way, we
don’t get pebbles stuck in them, the usual straw sandals get slippery being on a boat, this way
makes it easier to work.

 

 

 

これは「足半(あしなか)」と言って、「わらじ」の前の部分3分の1くらいしかない履物です。普通の
「わらじ」だと土踏まずの部分に小砂利が入ったりして歩きづらい。これだったら小石も入らないし、
かかとがない分、滑らないから舟の上でもグッと踏ん張りがきいて仕事がしやすいんです。

 

 

>>NEXT

 

1     2     3     4     5

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG