INTERVIEW

久能山東照宮 宮司

#007 落合 偉洲さん / OCHIAI HIDEKUNI 02

2012.08.26 [INTERVIEW,久能山東照宮 宮司 ・落合 偉洲さん]

昭和22年、宮崎県生まれ。國學院大學卒業後、國學院大學大学院で
学びながら、神社本庁にて勤務。國學院大學兼任講師もつとめた。
神社本庁渉外部長・総務部長を経て、平成11年より久能山東照宮権宮司
および、久能山東照宮博物館副館長。平成14年からは、久能山東照宮
宮司および、久能山東照宮博物館館長となる。

先人たちが築き上げてきた「伝統的な価値観」「ものの考え方」を神道から学ぶ
Learning appreciation and value from the Way of the Gods

–もともと日本の伝統的な宗教として「神道」がありますよね?
外国人もとても興味を持っていますし、知っている人も多い。
でも逆に日本の人たちは「神道」について、あまり知らないですよね?
Shinto is Japan’s original religion, and many people, including foreigners have heard of it,
and have an interest, but there aren’t many Japanese who know much about Shinto

 

そうですね、あまりわからないでしょうね。 小中高の学校教育の段階で「神道」が、ほとんど出てこない
わけですから 特別に興味のある人以外は「神道」という言葉を聞いても、よくわからないんじゃないでしょうか。
「仏教」の方が、少しは理解されているかもしれませんね。「あなたの宗教は何ですか?」と聞いて
「私の宗教は、神道です」と答えられる人は、ほとんどいないと思います。

 

That’s true, they really don’t understand it. Shinto doesn’t really appear in the primary, junior or senior high school study curriculum either. Apart from the very few with a particular interest, I don’t think many even know the word Shinto. Japanese people understand the imported Buddhism more than their native religion. If asked what their religion is, very few say “Shinto.”

 

 

 

–学校教育で「神道」を教えた方がイイとは思いませんか?
Do you think it a good idea to add Shinto studies to the education curriculum?

 

うーん、基本的には、日本人としての「伝統的な価値観」を伝えていく
ということが大事だと思っているので「神道、神道」という必要もない
んじゃないかと思っています。日本人が、日本という国土の中で、日本人
として生きていく。 先輩たちが生きてきた中で作られ、守られてきた
「伝統」「ものの考え方」を きちんと後世に伝えていければ、それで
良いのではないかと思います。

 

Well, basically spreading Japanese traditional values is very important, but many think they don’t need Shinto. Japanese people live on the islands of Japan as Japanese “Traditions” are things cared for by the elderly, but if they’re properly imparted, then the future generations will also consider them to be good.

 

 

 

-日本人が、だんだん「日本の歴史」「自分のルーツ」から少しずつ
離れていってしまっているように思うのですが・・・
Do you find that Japanese people are distancing themselves
from Japan’s history,
and forgetting their roots

 

実質的には「日本人としての感性」というものは、さまざまな社会の中で 伝えられてきているんじゃないか
と思います。ここの地元の中学校でも 「神道」のことは特別教えませんけれども、彼らが休みの日に、
神社の掃除をしてくれたり、お正月にお参りに来てくれたり、いろんな行事に参加してくれたりする中で、
いろいろと学んでいることがあると思います。学校以外の社会教育の中で、学校が教育してくれない部分を
カバーしていく。そして 「いい日本人」を育てていく。これが大事だと思いますね。

 

I don’t think the virtues of Japanese social sensibility have to be taught as such, it is something that just happens. Although the local junior high school near here doesn’t teach Shinto values, we still find the children willing to help clean the shrines on their days off, and making their New Years observances and participating in shrine events. Even though they don’t learn it in schools, they inherently know what is required to develop into being good Japanese citizens. This is also important.

 

 

人間は創造されたものではなく、神々から「生まれた」と考える。これが神道です。
In Shinto, humans weren’t made by the gods, they were born from the gods

—「神道」について、もう少し教えてください。
Is there a simple explanation regarding Shinto

 

宗教というと、教祖がいて、教義、教典があるというものが普通ですよね。 教義、教典によって、
明るさと希望がもたらされる。教祖は、神から啓示を 受けた特別な「人間」であり、キリスト教で言えば
「人間は、神によって 作られた」ということになっています。 「神道」はと言うと、人は神によって
作られたものではなく「神々から 生まれた」ものなんですね。「生まれる」ということは、つまり
「血がつながっている」ということになるわけです。すべてのものは、神から「生まれる」というのが
神道の考え方で、教祖というものは存在しません。

 

 

As for most religions, it is normal to have gurus, and doctrines and scriptures, Brightness and hope are brought about by the scriptures and doctrine. A Guru is a human being, a revelation from the gods. In Shinto there is no belief that all things are provided by the gods and gurus. The Shinto thought is that we are not made by the gods, but born from the gods, and so we are blood related! The gods are our ancestors.

 

 

世のため、人のために、何ができるのかを考えて「今」を生きる
What can you do for society, for people,… that’s the way to think

—僕は無宗教ですし、これからもそうだと思いますけど「神道」の  考え方というのは好きなんです。
「神道の魅力」は、何だと思いますか?
I don’t subscribe to any particular religion, however I like the philosophy of Shinto.
What do you think is the appeal of Shinto?

 

 

世のため、人のために、今を生きるということ。神道には「天国」とか「極楽浄土」というような考え方は
ありませんからね。 必要最低限、無駄のない生活を送り、それ以上に余力があるのであれば、それは世のため、
人のために使う。自分に何ができるのかを常に考える生き方ということじゃないでしょうか。

 

There is no belief in a heaven or paradise in Shinto, we live for the world, we live for others, we live for now. The requirements are basic, don’t waste your life, use it for the betterment of the world and for other people. Ask yourself what it is you can do to lead a better life.

 

 

—まさしく、バブル時代の前の日本ですよね!
That sounds more like the Japan of the Pre Bubble era. 

 

 

>>CONTINUE

1 2 3 4


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG