INTERVIEW

久能山東照宮 宮司

#007 落合 偉洲さん / OCHIAI HIDEKUNI 03

2012.08.27 [INTERVIEW,久能山東照宮 宮司 ・落合 偉洲さん]

昭和22年、宮崎県生まれ。國學院大學卒業後、國學院大學大学院で
学びながら、神社本庁にて勤務。國學院大學兼任講師もつとめた。
神社本庁渉外部長・総務部長を経て、平成11年より久能山東照宮権宮司
および、久能山東照宮博物館副館長。平成14年からは、久能山東照宮
宮司および、久能山東照宮博物館館長となる。

久能寺、久能城、そして「国宝・久能山東照宮」へ
Kunou Temple, Kunou Castle, and now National Treasure Kunouzan Toshogu Shrine

–次に、久能山東照宮のことについて、伺いたいのですが、ここは本当に素晴らしいところですね。
In regards to Kunouzan Toshogu, this really is an amazing place isn’t it !

 

平成22年12月24日、国宝に指定されました。ここは、もともと「久能寺」というお寺のあった場所で、
西行法師も訪れたと言われる有名なお寺でした。1000年ほど続いていたと言われています。
戦国時代に入り、武田信玄が「この場所は、戦略的にも重要な場所であり攻められにくい」ということで、
寺を別の 場所に移し「久能城」をつくりました。その後、武田が戦いに負けると 「久能城」は、
徳川家のものになり、家康公が亡くなった後、久能山東照宮と なるわけです。

 

 

On December 24, 2010, Kunouzan became a recognised as a National Treasure. This mountain was originally the site of Kunou Temple. It was very famous, and was visited by the great monk, Saigyo. The temple stood here for some 1,000 years. Then, during the sengoku or Warring States Period, the mountains strategic importance was recognised and so the temple was moved, and in its’ place, a castle was constructed. Later the Takeda Clan were ousted and the Tokugawa Clan took the castle. Tokugawa Ieyasu decreed that upon his death, his mausoleum, the Toshogu be built on the site.

 

 

徳川初代将軍・徳川家康公の遺言「久能山に埋葬せよ」
The first Shogun’s will, to be buried on Kunouzan

—家康公は、ここに埋葬されているんですよね?
This is the true burial place of the Shogun, Tokugawa Ieyasu?

 

 

そうですね。「自分が亡くなったら、西向きで、久能山に埋葬してほしい」
と遺言を残しました。その他にも「増上寺(東京)で葬式をしてほしい」
「位牌は、大樹寺(愛知県・岡崎市)に建ててほしい」「1年経ったら
日光に小さな 神社を建てて祀ってほしい」と、そんな遺言を残しています。

 

That’s right, Ieyasu wrote in his will that he was to be buried facing the west and on top of Mt. Kunou. His funeral was to be held at the Zozoji in Edo (Tokyo), his funeral tablet was to be kept at the Daijuji Temple in his native Okazaki (Aichi Prefecture). He also wrote in his will that a year after his death, a small shrine was to be established at Nikko.

 

 

徳川家康公は、こうして埋葬されている!

 

—なるほど。家康公は、どのような形で埋葬されているんですか? 甲冑を着て、床机(しょうぎ)に座って、
太刀と弓を持って埋葬 されていると聞いたことがあるんですけど・・・

I see, so, exactly how was Ieyasu interred? I had heard that he was laid to rest in his armour, seated on a war-camp stool, with a sword in one hand and a bow in the other…

 

甲冑は着ていないですよ(笑)これは、徳川歴代の将軍の埋葬のされ方から わかります。実は、現在の東京タワーが
立っている場所というのは もともと「増上寺(ぞうじょうじ)」の徳川家の墓地だった場所なんです。 15人の将軍
のうち6人が、ここに埋葬されていました。 そこに東京タワーを作るということになって、将軍の墓を掘り起こした
という 事実があるんですけれども、その6人に共通していたことというのは、装束(しょうぞく)を着ていたという
ことです。

 

これは、どういうことかというと、初代将軍の家康公も装束を着た状態で埋葬されているということに
つながります。歴代将軍は、初代将軍にならうのが普通ですから、家康公だけが甲冑を着ていて、それ以外の将軍が
装束を着ていたというのは考えにくい。しかも、ここ久能山にある家康公の墓を開けると、木像が入っているんです。
その木像も装束を身に着ています。つまりは、この下に埋葬されている家康公も同じ状態でいますよ、ということに
つながります。

 

 

No, I don’t think he was buried in his armour. (laughs) You can tell by the way the other Tokugawa Shogun were buried. Actually, where the Tokyo Tower now stands was the site of the Zozoji Temple’s Tokugawa Family cemetery. Of the 15 successive Tokugawa Shogun, six were interred there. When Tokyo Tower was constructed, the graves were excavated, and it was discovered that all were laid to rest in shouzoku ceremonial court robes. This leads me to think that Ieyasu, would have been buried in similar attire. The successive Shogun would have followed the style of the first Shogun, Ieyasu, so I don’t think he would have been wearing armour. Ieyasu’s grave here on Kunouzan was opened once, and they found a wooden statue of him on top. That wooden statue also showed him in Shouzoku style robes. So I believe that’s what he was wearing when they laid him in his grave.

 

 

 

—へぇ!! 興味深い話ですね!! 床机(しょうぎ)に座って…というのは、どうですか?
That’s very interesting, so what about being seated on a war camp stool?

 

「西を向いた状態で、立ったまま埋葬してほしい」というのが家康公の遺言ですから、
床机(しょうぎ)に座っているということもないですね(笑)起立させた状態で埋葬するのは難しいため、
四角いお棺の中に、あぐらをかいた状態で、お棺に寄っかかるようにして埋葬されているようです。
地中深く5m〜10mくらいのところに埋葬されているでしょう。

 

 

Ieyasu was buried at a depth of between five and ten meters underground. He requested he be buried upright, a difficult position, and looking to the west, but I don’t know about being seated on a camp stool. I think it would be more probable that he was buried sitting cross legged in a square, upright wooden coffin. –

 

>>CONTINUE

1 2 3 4

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG