INTERVIEW

久能山東照宮 宮司

#007 落合 偉洲さん / OCHIAI HIDEKUNI 04

2012.08.27 [INTERVIEW,久能山東照宮 宮司 ・落合 偉洲さん]

昭和22年、宮崎県生まれ。國學院大學卒業後、國學院大學大学院で
学びながら、神社本庁にて勤務。國學院大學兼任講師もつとめた。
神社本庁渉外部長・総務部長を経て、平成11年より久能山東照宮権宮司
および、久能山東照宮博物館副館長。平成14年からは、久能山東照宮
宮司および、久能山東照宮博物館館長となる。

400年ちかく経った今もなお、久能山に眠りつづける家康公
For almost 400 years Ieyasu has lain in rest on Konouzan

–なるほど。では、やはり・・・
家康公のご遺体は、そのまま久能山に埋葬されているということですよね?
I see, so, Ieyasu’s remains really are here on Kunouzan?

 

そうです。こちらに、いらっしゃいます。よく「日光東照宮に、ご遺体が 移された」と思われる人も
おられますが、昔は、火葬ではなく土葬ですから、遺体を掘り起こして、どこかに移動するということは
考えられません。 しかも、装束を着ている状態ですから、どこか体の一部だけを持っていく なんていう
こともないでしょう。 家康公のもともとの遺言は「久能山に墓を建てなさい、1年経ったら、
日光に小さな神社を立てて祀ってほしい」だったわけですが、二代将軍が、「久能山にお墓とともに
神社も建てなさい」と指示しました。でも、家康公の遺言は 「日光に小さな神社を建てて祀ってほしい」
ということですから、結局 それもしなければならないということで、1年後、日光東照宮をつくり、
そこに魂を移したということです。この「魂を移した」ということが 「ご遺体を移した。埋葬しなおした。」
という誤解につながっているんで しょう。

 

 

That’s right. Many think he was removed from his grave and taken to Nikko a year after his death. However, just his spirit is enshrined there. I can’t imagine his family digging him up and moving him, even taking a part of him, like his head or a limb is unthinkable. He is still here on this mountain. His original will stated that Kunouzan was to be his grave and a small shrine was to be built at Nikko. The second Shogun, Hidetada, made both his grave and a shrine here at Kunouzan, and another magnificent shrine at Nikko, but Ieyasu wanted only a small shrine at Nikko. So although people think his body was removed to Nikko, it is only his spirit there.

 

 

「戦いのない国」を築き上げた、家康公の人生を伝え続けていきたい
To make a nation without war, carrying on Ieyasu’s legacy

—これから、久能山の宮司として、どんなことを伝えていきたいですか?
As head priest of Kunouzan,what is the message you’d like to convey?

 

家康公は「教育」というものを とても大切に考えておられました。
家康公は8歳で、人質として静岡にやってきて「臨済寺(りんざいじ)」という
寺に預けられました。そこで、和尚に教育を受けるわけです。この和尚は、
宗教者でもあり、今川方の軍師でもあった人で「民、百姓は、 極楽浄土の
ような世界(社会)をのぞんでいる。それを達成するためには、 この修羅場を
戦い抜いて勝者になり、戦いのない国を作らなければならない。そのためには
勉強しなければならない。戦さの時代が終ったら、教育を一番大切にしなければ
ならない」と家康公は教わるわけです。

 

そして、家康公は天下をおさめるとすぐに、それを実行します。百姓の
「斬捨て禁止令」を発し、国内では「教育」対外的には「平和外交」に
力を注ぎました。朝鮮からの捕虜たちをどんどん国に返しましたし、戦争を
しない、戦争の起こらない国を作った。1607年、静岡にやってきた時には、
1万冊の本を持ち、しかも65歳の家康公が26歳の家庭教師を連れてきて
熱心に勉強するわけです。そして家康公は、教育には「本」が必要だという
ことで、さまざまな本を印刷して、官僚や役人の教育にも使いました。

 

 

Ieyasu thought education to be very important. As an eight year old child, he was sent as a hostage to his father’s enemy in Shizuoka, where he was kept at the Rinzaiji Temple. The priest of that temple was not just a man of the cloth, but also the Imagawa Clan chief strategist. He told Ieyasu that what the people want is peace. To make peace, and make the people happy, Ieyasu must be victorious in battle, become powerful and end the Warring States period by bringing about peace. That is why you must study! He was told. When he became Shogun, he freed the Koreans brought to Japan as spoils of war from Hideyoshi’s Korean Campaign, and made Japan a peaceful nation. When he retired to Shizuoka in 1607, he brought 10,000 books with him and a 26 year old tutor so he could continue to learn. Ieyasu knew that to learn, books were required, and so he had many books printed for the education of the bureaucrats and officials.

 

 

 

–合戦での家康公については知っていても、こういったことは  あまり知られていませんね。
Despite all that we know about Ieyasu and his battles, there’s still a lot that is relatively unknown…

 

こうしたことも含め、徳川家康公が、生涯の中で、世のための人のために、どういう働きをしたか
ということ、そして、家康公の素晴らしさを人々伝えていくことによって、現代の人たちに、
さまざまなことを学んでほしいと思っています。それを仲介するのが、私の仕事ですね。

 

During his life, he faced many struggles, but what is special about Ieyasu is his passion, he tried hard not just for himself, but for the people. That’s what I want everyone to understand, and it’s my job to pass on that message!

 

>>INTERVIEW TOP

123 4

 

インタビュア: クリス・グレン(Japan World 編集長)
オーストラリア・アデレード市生まれ。名古屋市在住。
日本の歴史、文化、伝統への造詣が深く、ラジオDJ、タレントとして
活動する傍ら、日本の歴史、文化を国内外に伝える活動を行なっている。
趣味は、城廻り、戦国の歴史研究、甲冑武具の研究、古武道など。
剣道初段。日本甲冑武具研究保存会会員。 Interviewer:Chris Glenn
Born in Adelaide, South Australia, now living in Nagoya, Japan.
Radio DJ / TV presenter active in preserving and promoting Japanese history,
culture and traditions. A member of the Japan Armour and weapons Research 
and Preservation Society, currently studying  Owari Yagyu Shinkage Ryu and
Enmei Ryu swordsmanship, Kendo 1st blackbelt, other hobbies include
visiting castles, collecting samurai armour, Sengoku (Warring States) 
period history.  


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG