INTERVIEW

伝統創作版画家

#002 Traditional Japanese Woodblock Print Artist; TAKI SHUSUI / 伝統創作版画家: 瀧秀水さん_02

2012.07.16 [INTERVIEW,伝統創作版画家 瀧 秀水さん]

1938年、愛知県生まれ。版画を独学で学び、39歳でプロデビュー。

その作品は世界各国で認められ、数々の賞を受賞している。
1991年には、イギリス大英博物館に作品が収蔵された。

・フランス・カンヌ国際栄誉グランプリ2005最優秀金メダル受賞
・スペイン『スペイン・バルセロナ国際サロン2010』 
【国際金賞】受賞 ほか多数。

WEBサイト:http://www.shusui-taki.jp/(Japanese)
       http://www.shusui-taki.jp/e_index.html(English)

The masters, Hokusai or Hiroshige only concentrated on one aspect,
Taki San does all!
あの葛飾北斎や歌川広重は一人一役。瀧先生は、一人三役! 

—–Taki San, you draw the picturesoutline, carve it out, and print it all on your own
       瀧さんは、絵師、彫師、摺師の仕事の全部をひとりでなさるんですよね?

 

 

 

Yes, I am a traditional woodblock artist in the true sense. I draw the outline sketch, then carve
the numerous blocks of wood required for each print, and finally do all the printing on my own!
Many people don’t realise the famous Edo Period masters, such as Katsushika Hokusai , Utagawa
Hiroshige and the others didn’t carve or print their own works. They just drew the main picture.
Professional carvers and printers did the rest. That’s why they managed to make so many.
There are still a few woodblock print artists today who used cherry tree wood to make their pieces,
but the labour is still divided. The artist only draws, carvers and printers do the rest. I am the only
one remaining who does all three procedures. It’s said that a woodblock print artist requires five
years to master carving, and ten years to master the multiple printing process. That’s the level
of difficulty of the art I work in.

 

 

 

描く、彫り、摺り(すり)までの三役を一人やっています。版画家は、今でもたくさんの方がおられますが、
江戸時代と同じように、すべて「桜の木」を使って作品を作り、しかも、絵、彫り、摺りまで全部1人でやる
のは、現在、私一人しかいないかもしれません。彫り五年、摺り十年と言われる「技(わざ)の世界」ですから、
なかなか大変です。ご存じない方も多いですが、浮世絵で有名な葛飾北斎、歌川広重なども「分業」で
仕事をしていました。北斎や広重がやったのは下絵を描くことだけ。彫りや摺りは別の人がやっていたんですね。

 

 

 

—–What the old masters, Hokusai and Hiroshige didnt or couldnt do, you do all on your own !
       あの北斎や広重もやっていなかったことをされているなんて、スゴいです!
   

 

 

That’s right, the artist would do the initial sketch first, which
becomes a base for the carver, who then carves the many
wood plates for the printer to print. So to make a single woodblock
print would involve the participation of a number of people. But,
no matter how hard you try, without the original design, the original drawing, you can’t make a print piece. But for me, I draw, carve
and print all on my own, so there’s no escaping the entire process,
all three steps, I have to do. If the work doesn’t come out right,
it’s all my own responsibility and there’s no room for a “That’ll do,”
attitude. I want each drawing, carved plate and print to be perfect,
and I work hard to make them as perfect as I can. If something
doesn’t come out right, then it’s my fault and I have to start again.
Without that desire for perfection, I can’t call myself an artist.

 

 版画(浮世絵)は普通、絵師が描いたものを版下に、彫師が木版にし、
それを摺り師が摺刷します。つまり何人もの人の手によって作られる
んですね。だからどんなに忠実に再現しても、絵師が思っている通りの
作品には、なかなかなりません。私は、下絵から摺りまで、全部1人で
やりますから、最初にイメージしたすべての感性をそのまま作品として
表現できます。ただ、三役すべて自分ですから、逃げ道はありません。
作品の出来はすべて自分の責任。「まぁ、これくらいでいいだろう」なんていう気持ちは一切ありません。
「これで、よし」と納得するまで徹底的にやります。ある程度まで出来た作品でも納得いかなかったら、
板を差し替えて、もう一度やり直す。それくらいの度胸じゃないと、職人とは言えませんね。

 

 

 

—–How long does it take to create one woodblock print?
       一つの作品を仕上げるのに、どれくらいの時間がかかりますか? 

 

 Each work is different of course, but on average it takes about 10 months to produce a single picture.
I usually draw the initial sketches in December, about April I start to carve the wood plates. By June
I want to begin printing, as that’s when the humidity rises, and the paper becomes slightly damp with
the atmospheric moisture, making it better to print with, and I can achieve a good coloring. When it’s
dry, the paper becomes stiff and the ink doesn’t penetrate well. When I get a good printing, I feel happier
than if I found say, 1,000,000 or 2,000,000! (laughs)

 

 

作品によっても違いますが、だいたい10ヶ月くらいです。12月くらいから考え出して、下絵を描いて、
彫り始めるのは、だいたい4月頃。梅雨の頃に摺り上げたいと思って制作をしています。湿気が高いと
和紙が湿るので、いい感じで「しっとり」と摺れるんですね。そして、色がきれいに出ます。逆に乾燥
している時期だと、和紙がザラザラになって浸透していかない。いい摺りができた時は、本当に嬉しい
ですよ。100万円、200万円の現金を拾ったときより嬉しいです(笑)

 

 

>>CONTINUE

 

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG