INTERVIEW

美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 

#004 Mino Kabuki Museum, Aioiza, Curator; Oguri Sachie / 美濃歌舞伎博物館「相生座」館長・小栗幸江さん_04

2012.07.30 [INTERVIEW,美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 小栗幸江さん]

美濃歌舞伎博物館・相生座(あいおいざ)館長。
1971年より、父と地歌舞伎復興に携わる。
二つの芝居小屋を移設・合体した美濃歌舞伎博物館「相生座」を活用し
美濃の地歌舞伎を保存し、継承する活動をおこなっている。
子どものための地歌舞伎伝承教室代表。
相生座 http://www.nakasendou.jp/aioiza/

地歌舞伎は、歌舞伎の原点。戻ることができる場所を大切にしたい

What do you see as the appeal of local Kabuki?
    地歌舞伎の魅力って、何ですか? 

 

Rural Kabuki does what Grand Kabuki doesn’t. We strive to maintain the style of the Edo Period, while
Grand Kabuki is looking at evolving to keep audiences. I want to see a return to the origins of Kabuki,
that’s what is important, preserving the culture, even if it means preserving just little bits.

 

Another important thing is to preserve the storylines and therefore understand the mentality of the people
of the Edo Period. For example, the manly thoughts of Edo Period people, such as being righteous and a
“do unto others,” attitude, to be able to die for someone or a cause, things that Edo period people considered
to be manly, or womanly, like drawing on emotions. The stage helped continue those Japanese traits,
passing those thoughts and mannerisms onto the next generation, and so I see Kabuki as a great tool.

 

 

 

大歌舞伎では、やれないことをやっているということかな。私達は、江戸時代の頃の「歌舞伎」のスタイルを
守っていくことを大切にしているので、逆に大歌舞伎の人たちが「参考にさせてほしい」とやって来ることも
あるんですよ。歌舞伎の原点に帰りたいという時に、戻れる場所があるというのは、文化にとって、とても
大切なこと。その原点を少しでも残しておきたいと思ってやっています。

 

もう一つは、江戸時代の人たちの考え方が「地歌舞伎」の物語の中に含まれていること。例えば「親孝行しなさい」
「人を傷つければ、必ず自分に報いがまわってくる」といったことや「人のために死ねる」という日本人の死生観
など、今の日本人が忘れかけているものが残っているし、江戸時代の人たちが考えていた「男らしさ」「女らしさ」も
感情や所作(しょさ)から垣間見えます。こうした「日本人らしい」考え方や所作、作法を次世代に伝えるためには
歌舞伎って、いいツールだと思いますね。

 

 

 

You’re teaching children about Kabuki too aren’t you?
  子供たちにも、地歌舞伎を指導されていますよね?

 

Yes, we launched a Childrens’course as part of the Aioiza’s 30th anniversary, so it’s been going for 12 years now. The longest a child has been with us now is 8 years. Every year we invite the elementary school children in the region to see the performances. It’s great when they see their friends on the stage, and think, “I want to be like whoever whoever”. They want to appear too, and so we have fresh faces join. We lose many during the three years of junior high school years due to their studies, but we often see them return during senior high, which is most gratifying.

 

Every August and October at Aioiza we stage performances, and from October practice shamisen, taiko drumming and joruri recital studies. Then in March we hold presentations. It’s surprising, what an adult takes a year to learn, 
a child learns in a month! (laughs)

 

 

保存会30周年(「相生座」25周年)のときに、子供教室を立ち上げました。今年で12年目です。一番長く
通っている子で8年目の子もいるかな。毎年、この地域の小学生(4年生以上)を公演に招待するので、それ
を観て「カッコいい!」「あっ、友達の●●ちゃんも出ているから、私もやりたい」と思ってくる子もいるし、
みんな自ら「やりたい!」と入ってくる子ばかりです。中学3年生になると受験もあるので、一旦やめていく子
も多いですけど、高校生になって戻ってくる子もけっこういるんですよ!嬉しいですよね。毎年8月と10月に
「相生座」の公演があるので、それまでは芝居の稽古をしますが、10月以降は、三味線、太鼓、浄瑠璃も勉強
します。そして、3月に発表会。子供たちは、本当に覚えが早い!大人が1年かかるところを子供なんて1ヶ月です
から(笑)

 

 

 

What is the reaction of the parents watching their kids do Kabuki?
   子供たちが「地歌舞伎」をやっている姿を見て、親御さんの反応は?

 

Overly enthusiastic! (laughs)

もう、興奮しまくりですよ(笑) 

 

 

>>CONTINUE

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG