INTERVIEW

美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 

#004 Mino Kabuki Museum, Aioiza, Curator; Oguri Sachie / 美濃歌舞伎博物館「相生座」館長・小栗幸江さん_05

2012.07.30 [INTERVIEW,美濃歌舞伎博物館「相生座」館長 小栗幸江さん]

美濃歌舞伎博物館・相生座(あいおいざ)館長。
1971年より、父と地歌舞伎復興に携わる。
二つの芝居小屋を移設・合体した美濃歌舞伎博物館「相生座」を活用し
美濃の地歌舞伎を保存し、継承する活動をおこなっている。
子どものための地歌舞伎伝承教室代表。
相生座 http://www.nakasendou.jp/aioiza/

The local’s passion for Rural Kabuki fills the seats each year!
地元の人々に愛される「地歌舞伎」毎年公演は、満員御礼! 

—もうすぐ、公演ですよね?

    It’s almost performance season isn’t it.

 

Yes it is. Aioiza holds its open performances on the last Saturday of August and the first Friday
of October we do special shows for the aged, and soon it will be our 41st annual performance.
We hold different plays every year, so patrons can enjoy coming every time. The special wrapped
donations thrown onto the stage, and the rousing cheers for the actors are always welcomed.
The theater holds 500, and thankfully it’s packed every year, with many having to stand to watch.
It’s almost 5 hours of performances, and you’d expect people to leave half way through, but they
don’t, they all stay to the very end of the Aioiza shows, thank goodness! (laughs)

 

 

そうですね。「相生座」は、8月最終土曜日(一般公開)と10月の第一金曜日(地域のお年寄り向けの
ボランティア公演)をやっていますから、そろそろ41回目の公演が近づいています。「相生座」は、前の年と
同じ演目はやらないことに決めていますから、毎年来ていただいても楽しめますよ。おひねりを飛ばすのも、
かけ声をかけるのも大歓迎です。会場には700人ほど入っていただけますが、おかげさまで毎年満席。
立ち見の方もたくさん出ます。5時間近くの公演ですから「誰か途中で帰るだろう」と思われるんですけど
「相生座」の公演は、みんな最後まで帰らない(笑)有り難いことですね。 

 

 

「自分の国ことを語れる」若者を育てたい

—日本人が、日本人らしさを失っているような気がするんですが・・・
着物には着物の所作がある。畳の生活をしていれば、そのための所作がある。でも今は、着物は着ないし、
畳での生活も少なくなった。生活が欧米化したことは決して悪いことばかりではないですが「日本らしさ」
が生活の中から薄れてきてしまっているのは、事実ですよね。生活様式は変わっても、日本は日本ですから、
所作をはじめ、歴史や文化を知っていて損はないはずです。

 

私も、外国人の留学生を何人も受け入れたことがありますけど、みんな自分の国の歴史や文化、生まれ育った
地域のことをきちんと語れます。でも、日本人は残念ながら、それができない。留学した先で、どうしているのかと
心配になります。以前「相生座」の子ども教室で学んでいた子が、オーストラリアに留学したんですけど、
その時に「僕は浴衣と自分が歌舞伎をやった時の写真を持っていくよ。オーストラリアの人たちに、伝えてくるよ。
紹介してくるよ。」って言ったんです。自分の国の歴史や文化、生活様式を語れるということは、相手の国の人たち
とのコミュニケーションにもなるし、大切なことですよね。知っているから語れる。日本のことを語れる若者を
育てていきたいですね。

 

 

 

I feel exactly the same way! This country has such a rich and fascinating history and
culture, however many Japanese seem to have abandoned that culture, and don’t know
their own history. I really think they need to know about their nation to rediscover their
pride in this country.
Do you have any advice for Japanese people looking to rediscover
their ways?

 

まったく、同感です!日本には、本当に素晴らしい歴史と文化があるから、もっと、自分の国の
文化、歴史を勉強してほしいと思います。そこから「日本人としての誇り」が、生まれてくると
思うんですよね。
日本の人たちが、日本の魅力を「再発見」するためのアドバイスは何かありますか?

 

First, I think they must have an interest. For example, a good actor playing a famed warrior will
raise interest. That’s a good way to start. However, I want to see them take it to the next level.
Once you’re aware of, say, that warrior, then you should want to know more, look deeper into the
matter. By going deeper, you’ll widen your knowledge, and in doing so, you’ll discover the many
wonders of this great country.

 

まずは、興味を持つこと。たとえば歴史なんかでも、カッコいい俳優さんが武将を演じているから興味を持つ。
入り口は、そこでイイと思うんですよね。ただ、そこからもう一歩踏み込んで欲しいかな。一つ知ると、
さらに知りたくなる、もっと深く知りたくなる。そうしていくことで、どんどん広がっていく。
そうすることで、自分の国の魅力に気づけるんじゃないでしょうか。

 

 

 

>>INTERVIEW TOP

 

 

美濃歌舞伎博物館「相生座」

日時:平成24年8月25日(土) 午後4時30分 開演
Saturday August 25, 2012, Show commences from 4:30pm.

 

料金:入場無料(全席自由)
Entry is free, limited seats awarded on a first come basis.

 

アクセス:http://nakasendou.jp/aioiza/access.htm

 

お問い合わせ:美濃歌舞伎博物館「相生座」 0572-69-2126

       ミュージアム中仙道 美濃歌舞伎保存会事務局  0572-68-0505


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG