INTERVIEW

尾張貫流槍術 第十三世継承者/春風館道場館長

#005 Traditional Martial Arts Master; KATO ISAO / 尾張貫流槍術・加藤伊三男さん_02

2012.08.06 [INTERVIEW,尾張貫流槍術 第十三世継承者 加藤伊三男さん]

昭和8年、加藤清正の一族で、尾張藩の武士の家系に生まれる。
8歳の頃から武術に嗜み、柔道、空手、剣道を学ぶ。後に鹿嶋清孝師より
新陰流居合を学び、鹿嶋氏の縁で神戸金七師と出会う。後に金七師の要請で
尾張貫流槍術を継承し、同時に春風館道場を継承。
自宅工場の2階に道場を設立し、現在に至る。

槍、棒、刀、弓、なぎなた…すべてを教える。それが兵法というものです。
Spear, Staff, Sword, Bow and Naginata…Learn them all.
That is the Way of the Warrior

—春風館では、さまざまな兵法を教えていますよね?

You teach many different martial ways in Shunpukan.

 

昔は、私が調べただけでも200以上の流儀がありました。そこでは、すべて槍を教えていました。
でも、明治以降になって「うちは槍術」「うちは柔術」という風に絞るようになってしまった。
どこの流儀も「伝書」は残っているようですけれども、実際に教わっていないから、やろうと思ってもすぐには
できません。昔の武士たちは、槍、棒、刀、弓、なぎなた等、すべてを学んでいたわけですから、春風館では、
そのすべてを指導しています。「新陰流」の流祖である、上泉 伊勢守(かみいずいせのかみ)は、戦国時代の人
ですから、実際に合戦に出て戦っていますけれども、その際に何を使って一番手柄をたてたかというと「槍」
なんですね。上泉 伊勢守の弟子でもある柳生石舟斎(せきしゅうさい)も「剣」だけを使っていると思ったら
大間違いで、やはり「槍」も使っています。これが兵法というものなんですね。だからやはり、何かに偏ること
なく何でも教えます。

 

 

In the old days, I discovered there were over 200 types of martial schools. All of them included a spear discipline. But during the Meiji Period (1868-1912) the various techniques, like spearman-ship and juijitsu became separated as various dojos concentrated on just one form. The various techniques became extinct, but are recorded in books, so even if you decided to undertake one of the styles now, you couldn’t be taught. The warriors of old studied the spear, staff, the sword, bow and naginata, and that’s what we teach at the Shunpukan Dojo. The founder of the Shinkage Ryu, Kami-Izumi Ise-no-Kami lived during the Warring States Period, he participated directly, fighting in battle. In that period, one of the most effective weapons was the spear. Kami-Izumi Ise-no-Kami’s disciple, Yagyu Sekishusai realized that just learning the sword was an incorrect way of thinking, and that without a doubt, studying the spear was an important practice too. This is the way of the warrior, teaching and learning without bias.

 

 

—僕は、ずっと剣道をやっていて、10ヶ月前から春風館で「古武道」の勉強をはじめたわけですけど、
剣道と違って「頭」を狙わないという
ことに慣れるのが大変でした(笑)

I’d been doing Kendo for many years before undertaking classical martial studies at Shunpukan about10 months ago, and I’ve found it difficult to adjust to a different way of thinking and moving, such as not attacking the head area so much.

 

 

兵法というのは、人を殺すのではなく、活かすんです。人を殺すことが目的なのではなく「戦闘力」を失わせることが
目的ですから手を使えなくすれさえすれば、それでいい。相手の命をとらなくても、勝てればいいわけですから。
「新陰流」の教えであり、「新陰流兵法」上泉 伊勢守(かみいずいせのかみ)の教えなんですね。

 

The art of war is leverage, not killing people. Killing people is not the purpose. It is best to resist taking the opponents life. It’s enough to render the enemy invalid, by, say, injuring their hand to overcome them. Shinkage Ryu is not a technique to win, it’s a technique to prevent you from losing. This was the strategy and teaching of the founder of the Shinkage Style, Kami-Izumi Ise-no-Kami.

 

 

今も残る、剣豪・宮本武蔵の「円明流」
The Last Remaining School of Miyamoto Musashi’s Enmei Ryu

–ここでは、宮本武蔵の「円明流」も勉強できますよね?

You teach Miyamoto Musashi’s Two-Sword, Enmei Ryu style too don’t you.

 

そうですね。宮本武蔵は、さまざまな書物で、尾張に3年いたとか、5年いたとか書いてありますけれども、
私の師匠の話では、7年いたと聞いております。その7年の間に、武蔵の弟子が3,000名できたそうです。
実は、その中に尾張貫流槍術を学びながら武蔵に弟子入りした、市川六郎左衛門という人物がいるんです
けれども、彼が尾張貫流槍術の中に「円明流」を残した。それが受け継がれ、幕末から明治の初めまでは、
名古屋市内にも数カ所、道場が残っていたと言われますが、それも今はなくなってしまいました。
今「円明流」が残っているのは、ここだけです。いいものは、すべて受け継いで、研究して、次の世代に
残さないといけませんね。

 

 

That’s right.Miyamoto Musashi lived in this Nagoya area for three to five years, although I’ve heard it was as long as seven years. He had some 3,000 followers of his two-sword style here during those years. In fact, one of his apprentices was Ichikawa Rokurozaemon, who transmitted the Enmei Style throughout the Owari domain. The style passed down through the Edo period in various dojos across Nagoya until the beginning of the Meiji period. Only this school has survived, all the other schools of Enmei Ryu are lost now. Fortunately the Enmei style has been fully researched and recorded and will be preserved for future generations.

 

 

 

加藤先生の得意とする技は、何ですか?
Do you have a preferred technique?

 

特にありません。すべて、何でもやります。「これが好きだから、
これだけをやる」とか「これが得意だから、これだけを教える」
とか、そんなことを言っておちゃぁイカンのです。私の師匠も
言っておりましたけど「これは好きじゃないからやらない、なんて
いうのは、本当にもったいないことだ」と。私もそう思います。
それが兵法というものですし、せっかく伝わってきたものを好き嫌い
でやったり、やらなかったりするというのは、伝統を継承するもの
としてやってはいけないことですね。

 

Not really. I do them all with the same passion. Saying things like “I like this, so I’ll only study this” or, “I’m really good at this, so I’ll teach only this” attitude isn’t right. To think, “I don’t like this, so I won’t study it” is lamentable for a warrior. That’s what I think. This is the Art of War, it’s an inherited tradition conveyed through the generations, so ones likes and dislikes cannot be considered.

 

 

 

>>CONTINUE


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG