INTERVIEW

日本画家(復元模写)加藤純子さん / Traditional Japanese Art Specialist, KATO JUNKO

#010 Traditional Japanese Art Specialist:加藤純子さん / KATO JUNKO 04

2012.10.16 [INTERVIEW,日本画家(復元模写)/加藤純子]

東京芸術大学大学院日本画修了。
平安から鎌倉までの数々の古典絵画模写を行ってきた。
平成4年、名古屋城本丸御殿障壁画「竹林豹虎図」の復元模写を行う。
その後、平成12年から現在に至るまで、名古屋城本丸御殿障壁画の
復元模写などに取り組む。平成15~17年には、徳川美術館の至宝
「国宝源氏物語絵巻」復元模写も担当した。

徳川の殿様が鑑賞していた障壁画を さまざまに想像しながら見て欲しい
Enjoy it Like the Lords of the Tokugawa Clan did

—名古屋城・本丸御殿の絵の中で、一番大きなものはどれですか?

What is the biggest piece you’ve restored for the Nagoya Castle Honmaru Palace?

床の間にあった、この虎の絵です。床の間とは言っても、私たちの生活する ような家とは違って、御殿の
床の間ですから、すごく大きいですよね。 こうした絵のある場所で殿様が生活なさっていたわけですから、
本丸御殿を 見ていただく際には、その絵の美しさに感動することはもちろん、殿様がどんな風に、この絵を
鑑賞していたのかということも想像していただけると、さらに楽しめると思います。

 

The entrance hall alcove painting of a tiger, it’s huge!. Unlike modern homes, this palace’s alcove is different, it’s so big. This was the home of a lord, and so the paintings and art were supposed to be beautiful and impressive. You can imagine the lord and guests at the Honmaru Palace enjoying looking at this picture,
can’t you!

 

 

—やはり、これだけの絵を描かせるということは相当な力があった 証ですね。
This would have been testament to the power of the lords, right

 

徳川家でなければできなかったことでしょうね。その頃は「お抱え絵師」と いって、絵師が雇われていました。
だからといって、これだけで一生食べて いけるというわけでもなく、奥方のアクセサリーをデザインしたりとか、
プレゼント用に絵を描かされたりとか、本当に大変だったんですよ。 一ヶ月のうち20日以上は、絵を描いていた
ようです。絵師にとっては とてもハードな時代でしたが、そういう時代だったからこそ、こうした作品を
描き上げることができたんでしょうね。

 

 

Very typical of the House of Tokugawa. Only they could afford to hire the top artists of the day. It must have been difficult in those days to make a living from artistry, designing accessories for women and doing paintings to be given as presents. It appears they spent over 20 days of every month just painting. For the artist, they were hard times indeed, but even then, such fine pieces were created.

 

全身全霊を注ぎ込んでの作品づくり。終わりのない仕事です
Retaining the Spirit and Sense of the Old Masters in Recreated Art Works?

—今回、本丸御殿の復元模写をしていて、昔の絵師の凄さは感じますか?
Do you feel an increased appreciation for the artists of the day through doing these restorations?

やはり、昔の絵師というのは小さなころから筆を持ち、制作の現場を見ているわけですから、筆で表現
できることが染み付いていますよね。自分の持って いる才能や持ち味の発揮の仕方をよく知っています。
また、現代の私たちのように、さまざまなジャンルやスタイルを勉強しているわけではなく、ある時代の
様式を学び、極め、深く高くを追求していますから、本当に素晴らしいものばかりです。そういった
とても水準の高い方々の作品を模写するというのは恐れ多いことだと思いますが、後世に残しても
恥ずかしくない作品を…と 全身全霊を注ぎ込んで頑張っているつもりですが、それでも1年後に見ると
「もっと こうすれば良かった」と思いますから、本当に終わりのない仕事ですね。

 

 

The artists of the time took p the brush at an early age, and would watch the masters at work very closely, so it became part of their nature to paint such fine pieces. I’ve come to realize my own talents and abilities. Through this work, we are learning more about the styles and genres of that era, and all the works from that time really are wonderful. We are humbled, but working hard, putting our bodies and souls into reproducing those works to the same standards and quality so as to leave something to posterity without feeling ashamed. This is an ongoing job, These are such wonderful pieces.

 

 

 

—大変だとは思いますが、やりがいのあるお仕事ですね!
It seems difficult, but most worthwhile work!

平安、鎌倉、南北朝、江戸といった、それぞれの時代の美術の形の
トップ クラスの作品をガラスケース越しではなく、一番近くで見て、
感じて、 より深く魅力を受け止めながら、日々、作品と対話をし、
その作品から教わりながら作品を作っていけるわけですから、
人生において模写を選んで幸運だったと思いますし、本当に幸せな
ことだと思います。

 

The Heian, Kamakura, Nanbokucho and Edo Periods each produced some top class work that is usually only seen displayed in a glass case. Through my work as an art restorer, I can get close to these pieces, to see and feel them, and talk to them,..as such, each day I become more deeply attracted to it. I feel very lucky and very happy to be able to work like this in this industry.

 

 

 

 

—本丸御殿の公開、そして先生の復元された障壁画も楽しみにしています!
We are all looking forward to the opening of the Nagoya Castle Honmaru palace and
seeing Kato sensei’s paintings on display.

 

>>INTERVIEW TOP

1 2 3 4

 

 

名古屋城 本丸御殿/Nagoya Castle Honmaru Palace

かつて名古屋城天守閣の南側にあった本丸御殿は、国宝にも指定されるほどの近世城郭御殿の最高傑作。
1945年5月、空襲により焼失。2009年より、本丸御殿の復元工事着工。日本画市場最大の画派「狩野派」の
絵師たちによって描かれた、本丸御殿内の障壁画、床の間絵、襖絵など、1000点以上の作品の復元も 行われている。
2013年5月29日には、本丸御殿玄関・表書院の公開が予定されて おり、今後、国内外からも、さらに注目を
集めそうだ。

 

Nagoya Castle’s Honmaru palace was a masterpiece of period architecture and designated a National Treasure. Located at the southern foot of the castle keep, it too was destroyed in the air raids of May 1945. Reconstruction of the palace commenced in 2009, and over 1000 ceiling, alcove and sliding door paintings originally done by the “Kano School”, the largest and most famed art schools, have been faithfully recreated. The Honmaru palace entry foyer is set to open to the public late May, 2013 and is expected to attract a lot of attention from Japan and from abroad.

 

■日本語WEBサイト:http://www.hommaru-palace.city.nagoya.jp/
■English site:http://www.hommaru-palace.city.nagoya.jp/14_english/index.html

 

 

インタビュア: クリス・グレン(Japan World 編集長)
オーストラリア・アデレード市生まれ。名古屋市在住。
日本の歴史、文化、伝統への造詣が深く、ラジオDJ、タレントとして
活動する傍ら、日本の歴史、文化を国内外に伝える活動を行なっている。
趣味は、城廻り、戦国の歴史研究、甲冑武具の研究、古武道など。
剣道初段。日本甲冑武具研究保存会会員。 Interviewer:Chris Glenn
Born in Adelaide, South Australia, now living in Nagoya, Japan.
Radio DJ / TV presenter active in preserving and promoting Japanese history,
culture and traditions. A member of the Japan Armour and weapons Research 
and Preservation Society, currently studying  Owari Yagyu Shinkage Ryu and
Enmei Ryu swordsmanship, Kendo 1st blackbelt, other hobbies include
visiting castles, collecting samurai armour, Sengoku (Warring States) 
period history.  


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG