INTERVIEW

能面師/能面研究家 

#012 Noh Mask Craftsman; YASUDA JOUUN / 保田 紹雲さん_03

2012.12.03 [INTERVIEW,能面師・能楽研究家 保田 紹雲さん ]

能面師/能面研究家 保田 紹雲 YASUDA JOUUN
1935年生まれ。愛媛県出身、愛知県在住。
名古屋市水道局の職員として仕事をする傍ら、42歳の時、趣味として
能面制作をはじめる。林 龍雲氏(能面制作)、内藤泰二氏(能面研究)
に師事。能面研究会「面紹社」主宰、能楽学会会員。東海能楽研究会会員。
名古屋芸能文化会員。編集出版「内藤泰二著述集『觀る・-愛面居士の
能面探求辨-』」、研究論文「因州侯(鳥取藩池田家)旧蔵能面に関する
考察」、研究論文「世襲面打家当主の生没年の検討」など多数。

Carving Noh masks is a complicated process 
能面制作は、とても繊細な作業です 

 I see,…just changing angles now, what sort of wood do you use for making the carvings?
   なるほど(笑)少し制作の方に話しを戻しますが、能面には、どんな木を使うんですか?

  

I use hinoki wood,(cypress) from the Kiso region (Gifu) it’s the same wood they use when rebuilding 
the sacred  Ise Shrine every 20 years, and the same wood they are using to rebuild the Nagoya Castle
Honmaru Palace.For Noh masks, we don’t need such big pieces of lumber, and we can use the wood
from branch pieces, or from between the branches that big constructions wouldn’t use.I only need 
a small piece, but it has to be tightly grained, not knotted, and of course, hinoki can be quite expensive.

 

 

 

木曽の檜(ひのき)を使っています。今、平成25年の式年遷宮(社殿を造り替える20年に一度の大祭)のために、
伊勢神宮でも木曽の檜を使っていますし、 名古屋城の本丸御殿のためにも木曽の檜を使っていますけど、それと
同じもの を使っています。能面の場合には、大きな建物を作るのと違って、そんなに 長さが必要ありませんから、
十分な長さの取れない部分の木を製材していただくんですね。木目が細かくしっかり揃っているものでないと
ダメですし、材料のお値段は高いですよ。
 

 

 

What about the colours used on the masks?
     色は、何でつけるんですか?
   

Lacquer is painted on the inside of the mask, and the white outer surface is Gofun, a paint made from
powdered sea-shell and used in traditional Japanese paintings. That’s applied and sanded back about
four or five times, so it takes quite a while to prepare the surface. Finally when this is complete, it then
becomes a blank canvas to paint a picture on. The lips, then the hairs, one by one are painted on, and
the entire mask is given an antique patina to give it that Edo Period flavor. The black is Japanese ink,
the red lips are vermillion, and in the case of beards and moustaches, horse hair is used. We can’t get
much horse hair in Japan anymore, so I get it from Mongolia.

 

 

 
能面の裏面には、漆を塗ります。そして、能面の表面には、日本画でも 白を描くときに使う胡粉(ごふん)と
呼ばれる貝殻の粉を 膠(にかわ)で溶かしたものを塗っていきます。塗っては乾かすことを4、5回繰り返して
からサンドペーパーで磨いて、表面を整えます。サンドペーパーでの研ぎ出しは数回重ねる必要がありますので、
かなり時間がかかります。 これでやっと、絵を描く場合に例える白いキャンバスが ピンと張られた状態が整う
わけです。ここからまた、唇に色をつけたり、 髪の毛を一本一本描いたり、ほのかな肌色が自然に付いたように
見えるような味を出すための「時代色」に仕上げていく作業がスタートします。 黒は墨、口紅は朱墨(しゅずみ)、
口ひげは、馬のたてがみを使います。馬のたてがみは、日本では、なかなか手に入りませんから、モンゴルからの 
輸入品です。

 

 

 

Seeing my masks used on stage, that’s what makes me proud. 
一番の喜びは、能舞台で自分の創った能面を見ることです 

 You do all the processes by yourself?
     彫りから塗りまで、すべて一人でやるんですね?

 

Even in the past all the processes were done
by one person, carving, applying the paint to
the face and lacquer to the back, hammering
the metal fittings into the eyes, all done by
one person. That’s one of the enjoyable things
about being a Nohmenshi craftsman.

 

能面師というのは、昔からそうですが、彫って、
塗って、金具を打ち出して 目に金具を入れて、
裏面には漆を塗ってと、すべてを必ず一人の人が
仕上げます。それも楽しい部分ですね。 

 

 

 What is the best thing about
           making Noh masks?

   作品が出来上がったとき、
        一番嬉しいことはなんですか?
   

It would have to be seeing my work being used
on the stage! A Noh mask isn’t an ornament for decorating the wall, it’s for use on the Noh
stage. When actors say they want to use my
masks, and I see my pieces actually being used
in a Noh production, and I think to myself,
“Hmm, that’s not bad at all!” that’s when  I’m
most fulfilled. (laughs)

 

やっぱり、私の作った能面を舞台で使っていただい
た時でしょうね。 能面というのは、壁に飾って
眺めるものではなく、舞台で使っていただけるものでないと能面ではありませんから。私の作品を
「使いたい」と言っていただいて、実際に舞台で使っていただいて、それを客席で見て「なるほど、
なかなかイイじゃないか…」と思う(笑)それが本当に嬉しい瞬間ですね。 

 

>>CONTINUE

1 2 3 4   

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG