INTERVIEW

#018 Traditional Ukai Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji /鵜匠・山下哲司_04

宮内庁式部職鵜匠 / 山下 哲司

昭和30年生まれ。岐阜県出身。昭和62年より宮内庁式部職鵜匠となる。
平成3年1月 アメリカオハイオ州シンシナティーにて鵜飼公演。
皇族が食される鮎を穫っておさめるという宮内庁式部職の鵜匠は、
日本で9名のみ。代々世襲制によって受け継がれ、伝統を守り続けている。
 
 

view deatial

#018 Traditional Ukai Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji /鵜匠・山下哲司_03

宮内庁式部職鵜匠 / 山下 哲司

昭和30年生まれ。岐阜県出身。昭和62年より宮内庁式部職鵜匠となる。
平成3年1月 アメリカオハイオ州シンシナティーにて鵜飼公演。
皇族が食される鮎を穫っておさめるという宮内庁式部職の鵜匠は、
日本で9名のみ。代々世襲制によって受け継がれ、伝統を守り続けている。
 
 

view deatial

#018 Traditional Ukai Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji /鵜匠・山下哲司_02

宮内庁式部職鵜匠 / 山下 哲司

昭和30年生まれ。岐阜県出身。昭和62年より宮内庁式部職鵜匠となる。
平成3年1月 アメリカオハイオ州シンシナティーにて鵜飼公演。
皇族が食される鮎を穫っておさめるという宮内庁式部職の鵜匠は、
日本で9名のみ。代々世襲制によって受け継がれ、伝統を守り続けている。
 
 

view deatial

#018 Traditional Ukai Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji /鵜匠・山下哲司_01

宮内庁式部職鵜匠 / 山下 哲司

昭和30年生まれ。岐阜県出身。昭和62年より宮内庁式部職鵜匠となる。
平成3年1月 アメリカオハイオ州シンシナティーにて鵜飼公演。
皇族が食される鮎を穫っておさめるという宮内庁式部職の鵜匠は、
日本で9名のみ。代々世襲制によって受け継がれ、伝統を守り続けている。
 
 

view deatial

#017 竹田 恒泰さん / Takeda Tsuneyasu 06

作家・慶應義塾大学講師。一般財団法人竹田研究財団理事長。
昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は、憲法学・史学。作家であり、
慶応義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「憲法特殊講義(天皇と
憲法)」を教えている。また、全国各地で真実の日本を教える「竹田研究会」
という会員制の勉強会を展開している。会員数は、日本全国で8,000人以上。
(平成25年現在)

(著書)
『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)
『現代語古事記』(学研パブリッシング)
『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』(PHP新書)

view deatial

#017 竹田 恒泰さん / Takeda Tsuneyasu 05

作家・慶應義塾大学講師。一般財団法人竹田研究財団理事長。
昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は、憲法学・史学。作家であり、
慶応義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「憲法特殊講義(天皇と
憲法)」を教えている。また、全国各地で真実の日本を教える「竹田研究会」
という会員制の勉強会を展開している。会員数は、日本全国で8,000人以上。
(平成25年現在)

(著書)
『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)
『現代語古事記』(学研パブリッシング)
『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』(PHP新書)

view deatial

#017 竹田 恒泰さん / Takeda Tsuneyasu 04

作家・慶應義塾大学講師。一般財団法人竹田研究財団理事長。
昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は、憲法学・史学。作家であり、
慶応義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「憲法特殊講義(天皇と
憲法)」を教えている。また、全国各地で真実の日本を教える「竹田研究会」
という会員制の勉強会を展開している。会員数は、日本全国で8,000人以上。
(平成25年現在)

(著書)
『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)
『現代語古事記』(学研パブリッシング)
『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』(PHP新書)

view deatial

#017 竹田 恒泰さん / Takeda Tsuneyasu 03

作家・慶應義塾大学講師。一般財団法人竹田研究財団理事長。
昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は、憲法学・史学。作家であり、
慶応義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「憲法特殊講義(天皇と
憲法)」を教えている。また、全国各地で真実の日本を教える「竹田研究会」
という会員制の勉強会を展開している。会員数は、日本全国で8,000人以上。
(平成25年現在)

(著書)
『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)
『現代語古事記』(学研パブリッシング)
『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』(PHP新書)

view deatial

#017 竹田 恒泰さん / Takeda Tsuneyasu 02

作家・慶應義塾大学講師。一般財団法人竹田研究財団理事長。
昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は、憲法学・史学。作家であり、
慶応義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「憲法特殊講義(天皇と憲法)」
を教えている。また、全国各地で真実の日本を教える「竹田研究会」という
会員制の勉強会を展開している。会員数は、日本全国で8,000人以上。
(平成25年現在)

(著書)
『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)
『現代語古事記』(学研パブリッシング)
『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』(PHP新書)

view deatial

#017 竹田恒泰さん/Takeda Tsuneyasu_01

作家・慶應義塾大学講師。一般財団法人竹田研究財団理事長。
昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は、憲法学・史学。作家であり、
慶応義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「憲法特殊講義(天皇と
憲法)」を教えている。また、全国各地で真実の日本を教える「竹田研究会」
という会員制の勉強会を展開している。会員数は、日本全国で8,000人以上。
(平成25年現在)

(著書)
『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)
『現代語古事記』(学研パブリッシング)
『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』(PHP新書)

view deatial

#016 三浦正幸さん / Miura Masayuki 06

三浦正幸(広島大学大学院文学研究科教授)
1954年、名古屋市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。
一級建築士。広島大学工学部助教授を経て1999年より広島大学文学部教授。
専門は日本建築史および文化財学で、城郭・神社・寺院・民家・茶室などの
研究に従事。宇和島城・伊予松山城・河後森城・能島城・津和野城・三原城
岡山城・赤穂城・名古屋城・諏訪原城・横須賀城など、多数の城跡の整備
委員会委員を兼務。著書に『城の鑑賞基礎知識』(至文堂)『城のつくり方
図典』(小学館)、『神社の本殿』(吉川弘文館)、『平清盛と宮島』 
(南々社)ほか多数。設計に岡崎城東隅櫓・高根城井楼および城門・河後森城馬屋
吉川元春館台所・万徳院風呂屋・饒津神社唐門および両部鳥居など多数。
現在は浜松城天守門、諏訪原城馬出門を再建中。

view deatial

#016 三浦正幸さん / Miura Masayuki 05

三浦正幸(広島大学大学院文学研究科教授)
1954年、名古屋市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。
一級建築士。広島大学工学部助教授を経て1999年より広島大学文学部教授。
専門は日本建築史および文化財学で、城郭・神社・寺院・民家・茶室などの
研究に従事。宇和島城・伊予松山城・河後森城・能島城・津和野城・三原城
岡山城・赤穂城・名古屋城・諏訪原城・横須賀城など、多数の城跡の整備
委員会委員を兼務。著書に『城の鑑賞基礎知識』(至文堂)『城のつくり方
図典』(小学館)、『神社の本殿』(吉川弘文館)、『平清盛と宮島』 
(南々社)ほか多数。設計に岡崎城東隅櫓・高根城井楼および城門・河後森城馬屋
吉川元春館台所・万徳院風呂屋・饒津神社唐門および両部鳥居など多数。
現在は浜松城天守門、諏訪原城馬出門を再建中。

view deatial

#016 三浦正幸さん / Miura Masayuki 04

三浦正幸(広島大学大学院文学研究科教授)
1954年、名古屋市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。
一級建築士。広島大学工学部助教授を経て1999年より広島大学文学部教授。
専門は日本建築史および文化財学で、城郭・神社・寺院・民家・茶室などの
研究に従事。宇和島城・伊予松山城・河後森城・能島城・津和野城・三原城
岡山城・赤穂城・名古屋城・諏訪原城・横須賀城など、多数の城跡の整備
委員会委員を兼務。著書に『城の鑑賞基礎知識』(至文堂)『城のつくり方
図典』(小学館)、『神社の本殿』(吉川弘文館)、『平清盛と宮島』 
(南々社)ほか多数。設計に岡崎城東隅櫓・高根城井楼および城門・河後森城馬屋
吉川元春館台所・万徳院風呂屋・饒津神社唐門および両部鳥居など多数。
現在は浜松城天守門、諏訪原城馬出門を再建中。

view deatial

#016 三浦正幸さん / Miura Masayuki 03

三浦正幸(広島大学大学院文学研究科教授)
1954年、名古屋市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。
一級建築士。広島大学工学部助教授を経て1999年より広島大学文学部教授。
専門は日本建築史および文化財学で、城郭・神社・寺院・民家・茶室などの
研究に従事。宇和島城・伊予松山城・河後森城・能島城・津和野城・三原城
岡山城・赤穂城・名古屋城・諏訪原城・横須賀城など、多数の城跡の整備
委員会委員を兼務。著書に『城の鑑賞基礎知識』(至文堂)『城のつくり方
図典』(小学館)、『神社の本殿』(吉川弘文館)、『平清盛と宮島』 
(南々社)ほか多数。設計に岡崎城東隅櫓・高根城井楼および城門・河後森城馬屋
吉川元春館台所・万徳院風呂屋・饒津神社唐門および両部鳥居など多数。
現在は浜松城天守門、諏訪原城馬出門を再建中。

view deatial

#016 三浦正幸さん / Miura Masayuki 02

三浦正幸(広島大学大学院文学研究科教授)
1954年、名古屋市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。
一級建築士。広島大学工学部助教授を経て1999年より広島大学文学部教授。
専門は日本建築史および文化財学で、城郭・神社・寺院・民家・茶室などの
研究に従事。宇和島城・伊予松山城・河後森城・能島城・津和野城・三原城
岡山城・赤穂城・名古屋城・諏訪原城・横須賀城など、多数の城跡の整備
委員会委員を兼務。著書に『城の鑑賞基礎知識』(至文堂)『城のつくり方
図典』(小学館)、『神社の本殿』(吉川弘文館)、『平清盛と宮島』 
(南々社)ほか多数。設計に岡崎城東隅櫓・高根城井楼および城門・河後森城馬屋
吉川元春館台所・万徳院風呂屋・饒津神社唐門および両部鳥居など多数。
現在は浜松城天守門、諏訪原城馬出門を再建中。

view deatial

#016 三浦正幸さん / Miura Masayuki 01

三浦正幸(広島大学大学院文学研究科教授)
1954年、名古屋市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。
一級建築士。広島大学工学部助教授を経て1999年より広島大学文学部教授。
専門は日本建築史および文化財学で、城郭・神社・寺院・民家・茶室などの
研究に従事。宇和島城・伊予松山城・河後森城・能島城・津和野城・三原城
岡山城・赤穂城・名古屋城・諏訪原城・横須賀城など、多数の城跡の整備
委員会委員を兼務。著書に『城の鑑賞基礎知識』(至文堂)『城のつくり方
図典』(小学館)、『神社の本殿』(吉川弘文館)、『平清盛と宮島』
(南々社)ほか多数。設計に岡崎城東隅櫓・高根城井楼および城門・河後森城馬屋
吉川元春館台所・万徳院風呂屋・饒津神社唐門および両部鳥居など多数。
現在は浜松城天守門、諏訪原城馬出門を再建中。

view deatial

#015 Karakuri Doll Master Craftsman:九代目・玉屋 庄兵衛さん / Tamaya Shobe the 9th 04

1954年、愛知県生まれ。
七代目・玉屋庄兵衛の家に生まれ、八代目・玉屋庄兵衛を兄に持つ。
25歳のとき、七代目に弟子入り。1995年、九代目・玉屋庄兵衛を襲名。
江戸末期に田中久重が製作した「弓曵童子」の完全復元や江戸からくりの
代表作「茶運人形」の製作など、からくり人形の製作、復元、修復などを
多数行っている。「茶運人形」は、東京上野の国立科学博物館のほか、
ロンドンの大英博物館にも寄贈されている。

view deatial

#015 Karakuri Doll Master Craftsman:九代目・玉屋 庄兵衛さん / Tamaya Shobe the 9th 03

1954年、愛知県生まれ。
七代目・玉屋庄兵衛の家に生まれ、八代目・玉屋庄兵衛を兄に持つ。
25歳のとき、七代目に弟子入り。1995年、九代目・玉屋庄兵衛を襲名。
江戸末期に田中久重が製作した「弓曵童子」の完全復元や江戸からくりの
代表作「茶運人形」の製作など、からくり人形の製作、復元、修復などを
多数行っている。「茶運人形」は、東京上野の国立科学博物館のほか、
ロンドンの大英博物館にも寄贈されている。

view deatial

#015 Karakuri Doll Master Craftsman:九代目・玉屋 庄兵衛さん / Tamaya Shobe the 9th 02

1954年、愛知県生まれ。
七代目・玉屋庄兵衛の家に生まれ、八代目・玉屋庄兵衛を兄に持つ。
25歳のとき、七代目に弟子入り。1995年、九代目・玉屋庄兵衛を襲名。
江戸末期に田中久重が製作した「弓曵童子」の完全復元や江戸からくりの
代表作「茶運人形」の製作など、からくり人形の製作、復元、修復などを
多数行っている。「茶運人形」は、東京上野の国立科学博物館のほか、
ロンドンの大英博物館にも寄贈されている。

view deatial

#015 Karakuri Doll Master Craftsman:九代目・玉屋 庄兵衛さん / Tamaya Shobe the 9th

1954年、愛知県生まれ。
七代目・玉屋庄兵衛の家に生まれ、八代目・玉屋庄兵衛を兄に持つ。
25歳のとき、七代目に弟子入り。1995年、九代目・玉屋庄兵衛を襲名。
江戸末期に田中久重が製作した「弓曵童子」の完全復元や江戸からくりの
代表作「茶運人形」の製作など、からくり人形の製作、復元、修復などを
多数行っている。「茶運人形」は、東京上野の国立科学博物館のほか、
ロンドンの大英博物館にも寄贈されている。

view deatial

Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More





メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG