INTERVIEW

Nagoya Yuzen dyeing craftsman / 名古屋友禅伝統工芸士

Nagoya Yuzen dyeing craftsman, Akatsuka Junich / 名古屋友禅伝統工芸士 赤塚順一さん_04

2013.08.08 [INTERVIEW,Nagoya Yuzen dyeing craftsman, Akatsuka Junich / 名古屋友禅 赤塚順一さん]

プロフィール

名古屋友禅伝統工芸士 赤塚順一
昭和32年 名古屋市生まれ。京友禅、飯田定良に師事。
平成7年 名古屋伝統産業協会優秀技術者表彰受賞。
平成14年 伝統工芸士に認定。名古屋市技能職団体連合会
優秀技術者表彰受賞、愛知県伝統的工芸品産業優秀
技術者表彰受賞、全国染色協同組合連合会賞優秀賞受賞など多数。

 Time Consuming and Delicate, the True Craftsman’s Work
一つ一つ手間をかけて仕上げる、職人技

—Without a doubt, traditional craftsmen are amazing! You don’t understand how difficult
     it is until you try it yourself!

    やっぱり職人さんって、すごい!やってみると、難しいです…手間もかかりますよね。

 

In the case of the intrinsic patterns, we may use as many as a dozen sheets and repeated colouring
in one place being careful to align each and every dyeing position perfectly. If the stencil is even slightly
misaligned, the work will be ruined, and I can’t sell it, so I feel some tension as I work. After that,
other stencil patterns might be added and the colours fixed through a steaming process. Depending
on the temperature and humidity, the steaming process differs, but usually it’s around 30 to 40 minutes
at 100 degrees C. Knowledge and experience are most important here. Finally the colour blocking paste
and excess dye is removed. Basically, that is the process.

 

 

一カ所に何十枚もの型紙をつかって色を重ねていくものもあれば、小紋のような細かい模様の型紙を柄が
ズレないように合わせていく作業もあります。少しでもミスをしたら売り物になりませんから、毎回、緊張感
を持って仕事をしています。さらにこの後、型で柄を入れた部分以外の生地の色を染める「地染め」、蒸気で
蒸して色を定着させる「蒸し」の作業へと続きます。「蒸し(100℃程度で、30分〜40分)」をやる時も気温や
湿度を考慮して温度や時間を調整しなければいけませんから、知識や経験が大事になんですね。そして最後に
「友禅流し」で余分な染料や糊を落とします。おおまかに説明すると、こんな流れです。

 

 

Modern Printed Cloth is so Different from Properly Dyed Fabrics
プリントとは、色の深みも手触りも、まったく違うんですよ 

—Kimono prints can now be machine produced in large quantities, are you as a
    craftsmanable to spot the difference?

    今は大量に生産できるプリント柄の着物も増えてきましたよね?素人でもわかる見分け方って
    ありますか?

 

 

If you look closely, you can see an obvious difference in the colour depth and texture, right? Look here,
on the printed piece, you can see part of the outer edge, this is the mimi (ear) of the cloth. As I just
explained, the end edges are taped to the yuzen board when the fabric is dyed, and so it is left bare.
That’s one way of identifying the pieces. Also, looking at the reverse, if it is pure white, then it’s a high
chance of being a print. When we dye the material, there is a high chance of the dye seeping through to
the reverse, and so it isn’t always white.(In the case of very fine work, there is a technique which prevents
the dye from seeping through to the reverse side.)

 

 

我々が見れば、明らかに色の深みも手触りも、まったく違いますよね。反物(たんもの)で見るならば、
生地の「耳」の部分を見てみてください。ここに柄が入っていればプリントです。さきほど説明しましたが、
私たちは友禅板に生地を貼って作業をします。その時に生地の「耳」の部分にテープを貼っていますから、
生地の両端は染まらないんですね。つまり「耳」の部分に柄が入りません。そういう見分け方が、まず一つ。
あとは生地の裏が真っ白だったらプリントの確率が高いですね。我々が染める場合、生地の裏まで染料が
入りますから、生地の裏が白いということはありません。(一部、細かい柄の場合には、あえて裏まで
染料が入らないようにするという技法もあり) 

 

 

—We know what to look out for now. How do you see the future of Nagoya Yuzen dyeing?
     なるほど。今度、チャンスがあったら、よく見てみます!名古屋友禅の未来は、どうですか?

 

Unfortunately, despite its high quality, and modern, yet somber image, Nagoya Yuzen still isn’t very
well known. Even the people of Nagoya aren’t that aware of it. That and the fact that Japan’s kimono
culture is shrinking, I think we need to look at other ways of keeping the art alive. In my case, I’m
trying to market the Akatsuka Junichi brand, featuring Nagoya Yuzen scarves, shawls, hats and even
Hawaiian shirts. I think I can reach a market with a range of items modern customers would want to
buy. I can’t preserve the traditions if I have no work.

 

 

 

モダンでオシャレで渋さのある「名古屋友禅」は、とてもイイものだと思うんですが、残念ながら、
まだまだ知名度がないし、全国発信もされていない。地元名古屋の人にも、あまり知られていない。
「着物を着る」という文化がなくなってきているわけですから、新しいことにチャレンジしていく必要は
あると思いますね。私の場合は「赤塚順一」ブランドとして、名古屋友禅のストール、ショール、帽子、
アロハシャツなどを製造、販売しています。友禅師の作った作品を一般のお客様が買える機会も増やして
いくことも重要なことだと思います。伝統を守り続けていくためにも「仕事」がないとダメなわけですから。

 

  

Mr. Akatsuka’s work is wonderful, and we hope will become popular outside of Japan too.
Japan World looks forward to being able to support him and his work, and hope he
continues to carry on the much-admired dyeing traditions of Japan.

 

赤塚さんの作品は、すごくカッコいいから海外でも人気になると思います!!Japan Worldも
応援します。これからも、名古屋の伝統、日本の伝統を伝え続けてください。

 

 >>INTERVIEW TOP

 

1         2          3         4 

 

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG