CULTURE

The Cat of Good Fortune / 外国人にも大人気のおみやげ「招き猫」_01

2012.07.01 [CULTURE,DISCOVERY]

The Origins of the Cat of Good Fortune?
外国人にも大人気のおみやげ「招き猫」

 

A popular Good Luck charm amongst the Japanese and also
a popular  souvenir item for visiting foreigners, is the Maneki
Neko. Seen in so many stores and businesses across the nation,
the Maneki Neko is a cat with an upraised paw, beckoning in
customers and good fortune. Just where this tradition began
isn’t really known, and there are a number of places laying
claim to it’s origins, however one episode involves the good
natured abbot of the run down Gotoku, or “Great Virtue”
Temple and his much cherished cat.

 

招き猫。
日本人の間でも「縁起物」として人気ですが、外国人には 「日本の
おみやげもの」として人気なんですよ。「招き猫」の由来には諸説
ありますが、その中から一つ、エピソードをご紹介します。

 

時は、江戸時代。
「豪徳寺」という貧乏寺がありました。この寺の住職は猫を
とても可愛がっており「いつか恩返しをしておくれ」と言いながら世話をしていたそうです。

 

 

One hot summers day, the 2nd lord of Hikone, Ii Naotaka and his retinue passed by the small temple.
The lords eye caught sight of the cat, it’s paw raised and seemingly beckoning them to enter. The party
decided it to be auspicious, and so entered the temple grounds. The priest, not knowing who his exalted
guests were, or from where they had come, welcomed them in with great hospitality.
A sudden thunderstorm welled up, with great rains. Lord Naotaka thought it most fortuitous that they
had escaped the downpour thanks to the invitation from the cat, and the hospitality of the monk, and
as such, Lord Naotaka decided to patronise the temple, and it became the Ii Clan Temple.

 

The poor temple’s fortunes flourished from that time on. Even after the cat passed away, the monk
tended to a special grave, and small effigies of the cat were created, becoming the popular Maneki Neko.

 

Other versions of this tale lend it to the Fushimi Inari Shrine in Kyoto, the Imado Shrine in Tokyo’s Taito
Ward, and Tokyo’s Jisei-In in Shinjuku amongst others.

 

 

夏のある日、彦根藩第二代藩主・井伊直孝一行が「豪徳寺」の前を通りかかりました。そこで一行が目にしたのは、
寺の前で手招きをする一匹の猫。一行は「ちょっと休憩させてもらおう」と、その寺を訪ねてみることにします。
どこの誰かもわからない突然の訪問にも関わらず、住職は、快く彼らを招き入れました。

 

住職のもてなしに感謝した直孝は「これからも、よろしく頼む」と、「豪徳寺」を井伊家の菩提所とします。
貧乏寺だった「豪徳寺」は、猫のおかげで一気に栄え、住職は猫が亡くなった後も墓を作って手厚く葬りました。
その猫をモデルにした「招福猫児」という人形が、現在の「招き猫」だというワケです。

 

この他にも、東京都台東区の「今戸神社」、東京都新宿区の「自性院」、京都の「伏見稲荷」などにも
それそれ説があり、どこが元祖なのかはわかりませんが、これだけ「招き猫」 に関する
逸話が存在するというのも、それだけ「招き猫」にあやかりたいという日本人が多いからなのでしょう。

 

>>CONTINUE 

 


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG