INTERVIEW

Traditional Cormorant Fisherman / 宮内庁式部職鵜匠

#018 Traditional Ukai Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji /鵜匠・山下哲司_05

2013.07.15 [INTERVIEW,Traditional Cormorant Fisherman, Yamashita Tetsuji / 鵜匠・山下哲司さん]

宮内庁式部職鵜匠 / 山下 哲司

昭和30年生まれ。岐阜県出身。昭和62年より宮内庁式部職鵜匠となる。
平成3年1月 アメリカオハイオ州シンシナティーにて鵜飼公演。
皇族が食される鮎を穫っておさめるという宮内庁式部職の鵜匠は、
日本で9名のみ。代々世襲制によって受け継がれ、伝統を守り続けている。
 
 

 The Wonders of Ukai Cormorant Fishing / 鵜飼の魅力とは?

What do you see as being special about Ukai?
     鵜飼の魅力って、何だと思いますか?

    

One is that the cormorants catch fish well. Humans used tools to get their food. If the tool was
a living creature, then harnessing that creature as a tool was a better way of doing it. Humans
used falcons to catch what they saw in the air, and later turned to cormorants to catch what was
in the water. They realized that cormorants caught fish well, and so they used the birds. Another
interesting point is that those primitive fishing techniques are still being used today. This is exactly
how the warlord Oda Nobunaga saw Ukai, and how Tokugawa Ieyasu enjoyed it, and  just how the

poet master Matsuo Basho, and the comedian Charlie Chaplin saw it. This is a rare and attractive 
sight that remains from ancient times.

 

 ( Mr. Yamashita’s father and grandfather with Charlie Caplin / 山下家に訪れたチャーリー・チャップリン)

 

一つは、鵜が上手に魚を捕るということ。元々、道具を使って獲物をとることを考えた人間が、道具を使って
とるよりも「生き物」の力を使って獲物をとった方が良いと考えた。そこで空中に目を向けて生まれたのが鷹狩り
で、水中に目を向け「この鵜という鳥は、上手に魚をとるな」という発想から生まれたのが鵜飼。非常に古い時代
から行われていた原始漁法であるということが一つの魅力だと思います。こうして生まれた鵜飼をアノ織田信長も
見た。徳川家康も見た。松尾芭蕉もチャップリンも見たということ。昔と同じことを今も変わらずにやっている
姿を見ることができるということは、とても魅力的だと思いますね。

 

 

 The Future of Ukai / 鵜飼の未来・・・

—Does the future of Ukai look bright?
     鵜飼の未来は、明るいですか?

 

I have to think about how this history and the traditions are to be preserved. The position is
a hereditary one passed only from father to son, and all six of us current Nagara River cormorant
fishermen have sons, so there is some safety in our future. However, it’s not just about us, and
our families. Ukai needs the support of the staff who row the boats, there are the boat builders too,
and those who make the cormorant baskets, not to mention the cormorant catchers. Many people
work to keep the art alive. There are very few traditional boat builders left now. There’s only one
old man around here, and so for repairs, or new boats, the future is grim. For that reason alone,
I’m worried about keeping the history and traditions of Ukai going. I want to be able to pass the
baton on with little worry to the future generations. I really have to think about this.

 

 

これから、この歴史と伝統を後世に、どう伝えていくかということを考えなければいけないと思いますね。
長良川の鵜匠は世襲制で息子が跡を継ぐんだけれども、現在の6名の鵜匠には、すべて息子がいる。そういう
意味では、ひとまず安心。ただ、鵜飼というのは、鵜匠一人の力ではなくて、野生の鵜を捕獲する人、舟を
造る船大工さん、かごを作る人、舟をこぐ船頭さんなど、いろんな人の力に支えられて鵜飼というものがある
んですね。今、船大工さんが随分減って、このあたりでも一人しかいない。だから舟を造ってもらうにも、
修理してもらうにも、簡単にはできなくなってしまった。そういう中で、ずっとこの鵜飼という歴史と伝統を
守り続けていくことができるかどうかというのが、とても不安です。せっかく後世にバトンを渡すんだったら、
しっかりとレールを敷いた上で渡したいと思うしね。そのあたりは、これから考えないといけないことかなと
思いますね。

 

 

—Mr Yamashita, thank you for your time. We hope you continue to practice and preserve
   the history of this wonderful tradition.

   山下さん、この素晴らしい歴史と伝統も、ぜひこれからも守り続けていってください!
   ありがとうございました。

 

 >>INTERVIEW TOP

 

 

1     2     3     4     5

 

インタビュア: クリス・グレン(Japan World 編集長)
オーストラリア・アデレード市生まれ。名古屋市在住。
日本の歴史、文化、伝統への造詣が深く、ラジオDJ、タレントとして
活動する傍ら、日本の歴史、文化を国内外に伝える活動を行なっている。
趣味は、城廻り、戦国の歴史研究、甲冑武具の研究、古武道など。
剣道初段。日本甲冑武具研究保存会会員。

 

Interviewer:Chris Glenn
Born in Adelaide, South Australia, now living in Nagoya, Japan.
Radio DJ / TV presenter active in preserving and promoting Japanese history,
culture and traditions. A member of the Japan Armour and weapons Research
and Preservation Society, currently studying Owari Yagyu Shinkage Ryu and
Enmei Ryu swordsmanship, Kendo 1st blackbelt, other hobbies include
visiting castles, collecting samurai armour, Sengoku (Warring States)
period history.


Blogger

Chris Glenn
Chris Glenn
Sam Ryan
Sam Ryan
中島 大蔵
中島 大蔵
山内 美鳳
山内 美鳳
Les Paterson
Les Paterson
山口 晃司
山口 晃司
湯浅 大司
湯浅 大司
Adam Blackrock
Adam Blackrock
名古屋和髪隊
名古屋和髪隊
中島 繁正
中島 繁正
キモノでジャック愛知
キモノでジャック愛知
Pauline Chakmakjian
Pauline Chakmakjian
総合管理者
総合管理者
view more

Interview

Japanese Wooden Barrel Cooper Craftsman, Kurita Minoru Kurita Minoru was born in Nagoya on July 4, 1…More

Nagoya Butsudan (Home Buddhist Altar) Craftsman, Goto Katsumi   Goto Katsumi is the third gener…More

Nagoya Yuzen,  Traditional ArtisanMitsuhisa Horibe    Mr.Mitsuhisa Horibe was born in Nagoya in…More

Discovery

Samurai Signatures, Kao (花押) Samurai Signatures, Kao (花押)  Kao (花押) were stylised identification sig…More

Ninja didn’t wear black! Ninja didn’t wear black! Despite the popular image of the black clothed and…More

Samurai File; Shimazu Tadahisa Samurai File; Shimazu Tadahisa (??-August 1, 1227)  Shimazu Tadahisa,…More

Entertainment

Book; Shogun /  James Clavell  In Osaka castle in the autumn of 1598, the great Japanese leader Toyo…More

The 47 Ronin Story / John Allyn In late 2013, Hollywood released its re-imagined version of the clas…More

BOOK REVIEW; Japonius TyrannusThe Japanese Warlord, Oda Nobunaga reconsidered. This is a brilliant b…More






メルマガの登録・解除

サイトの更新情報やイベント情報をメルマガで配信しています(無料)
メールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックしてください。登録していただいたメールアドレスにメールが届きます。記載されているURLをクリックしていただくことで登録が完了します。

Japan World mail updates !
Get Japan’s history, culture, events with this free service. Register your e-mail below, then press 「登録する」(left) to register, or「登録解除」to cancel.

 

株式会社電脳職人村

EDITOR BLOG